pmsと「妊娠初期症状」・・その違いって何?

pms 妊娠

「pmsだと思っていたら、実は妊娠の初期症状だった!」

吐き気やめまいがしたり、やたら眠かったり・・pmsと妊娠の初期症状は、実はとても似ています。

・pmsと妊娠、症状の違いは?
・妊娠するとpmsが治るってホント?

早めに違いに気がつけば、妊娠の心構えもできるというもの。妊娠とpmsの症状の違いなどについて、まとめてみました。

pmsと妊娠の違いについて

「生理前に吐き気を感じたから、“もしかして妊娠?”って思ったら、pmsの吐き気だった・・」なんて経験はありますか?妊娠初期とpmsの症状は似ていますが、一体どんな違いがあるのでしょうか。

pmsの症状は、女性ホルモンのバランスが急に増減することで起きると考えられており、「体にあらわれるトラブル」と「気持ちにあらわれるトラブル」があります。

《カラダにあらわれる症状》
・吐き気、めまい
・頭痛、腹痛、腰痛
・乳房の張り
・ニキビがでる、肌荒れがする
・体がダルい、疲れやすくなる、眠気がする
・食欲が出る、あるいは食欲がなくなる

《気持ちにあらわれる症状》
・イライラする
・情緒不安定になる
・うつ状態になる
・気分が落ち込む
・神経が過敏になる・・などなど

一方、妊娠初期症状は、黄体ホルモン「プロゲステロン」の分泌が急に増えることで引き起こされます。

《主な妊娠初期症状》
・吐き気、めまい
・頭痛、腹痛、腰痛
・乳房の張り
・ニキビがでる、肌荒れがする
・体がダルくて疲れやすくなる、眠気がする
・食欲が出る、あるいは食欲がなくなる

・基礎体温で高温期が続く
・おりものに変化がある
・出血が見られる
・熱っぽくなる

・イライラする
・情緒不安定になる
・神経が過敏になる

pmsも妊娠初期も、原因は「女性ホルモンバランスの変化」だけあって、よく似た症状がでますね・・。何か違いを見分ける方法はあるのでしょうか。

pmsと妊娠初期症状の違いとは

妊娠とpmsの違いを見分ける方法として、「基礎体温の変化」があげられます。

pms 妊娠 違い

上の2つの基礎体温表からわかるように・・

妊娠していない場合・・生理が始まる前に、体温が下がる
妊娠している場合・・・生理開始予定日を過ぎても、高温期が続く

「基礎体温で高温期が続くか、体温が下がるか」という違いがあります。生理が始まる予定日をすぎても、高温期が続いていれば、妊娠初期症状の可能性が大!

基礎体温をつけていない場合・・

「基礎体温をつけていない場合は、どうしたらいい?」

pmsも妊娠初期の症状も個人差が大きく、「こんな兆候があれば、妊娠!」という一定の基準はありません。自分のカラダの感覚を頼りにするしかないのです。

「生理前の症状、いつもと同じ?何か違いはある?」と、気をつけて観察してみましょう。下腹部や腰に痛みがあるなら、痛み方に違いはあるか、おりものに何か変化はあるか・・などなど。
 

pms 妊娠 違い

(画像:https://www.arax.co.jp/より引用)

妊娠検査薬を使ってみるのもアリ。従来の検査薬は、検査ができる期間が「生理開始予定日のおよそ1週間後から」というものが多いのですが、今では「早期妊娠検査薬」なるものも。

写真の検査薬は「チェックワンファスト(アクラス)」。生理予定日の当日から使うことのできる検査薬です。価格は1500円(2回分)で、取り扱いのある薬局で購入できますが、ネットでの販売はありません。

pmsは、妊娠したら治る?

pms 妊娠 治る

「いちど妊娠・出産したら、生理痛がラクになった!」という話をよくききますが、pmsに関してはどうなのでしょうか。生理前の不調は、お産を経験したら治るのでしょうか。

出産経験がある女性と、出産経験のない女性のpms状況を調べたデータがあるのですが、産後のpmsの様子には変化がみられます。

妊娠するとどうなる?pmsの変化

出産未経験・・腹痛、頭痛、乳房の張りなど、身体的なトラブルが多くみられる
出産を経験・・イライラ、うつ状態など、気持ちのトラブルが多くみられる

「妊娠でpmsが治る」というよりも、症状に何らかの変化がみられるケースが多く見られます。なかでも体にあらわれていた症状が、精神的な症状にシフトする傾向があります。

ただ出産を経験すると、生理痛・pmsの下腹部痛などが軽減する方、治る方も多いようです。これは「お産で子宮の入り口が開くため」と言われていますが、個人差があります。

女性ならではの、カラダの不思議

pms 妊娠

pmsの症状と、妊娠初期症状の違いなどについて見てきました。

・pms(月経前症候群)
→女性ホルモンの急な増減により起きる
・妊娠初期の症状
→黄体ホルモン「プロゲステロン」が増えることにより起きる

・pmsの症状と、妊娠初期症状は似ている
→その違いを見分けるにためには「基礎体温表」が有効

・早期妊娠検査薬を使う手もアリ
→生理予定日の当日から検査をすることができる

・妊娠・出産をすると、pmsの症状にも変化がある
→出産未経験・・カラダのトラブルが強くあらわれる
→出産を経験・・気持ちのトラブルが強くあらわれる

いつもと同じようなpmsの症状があっても、妊娠の可能性はあります。
その逆に、「いつもの生理前と違う・・もしかして妊娠?」と思っても、普通に生理がくることもあります。

pmsも妊娠も、女性ならではのカラダの不思議。
体の変化を感じるためにも、ふだんから基礎体温を測り、体調メモをつけておくのがオススメ。アナタの身体感覚は、アナタだけのものなのです。
 

執筆者:さつき


2016/04/05 pmsと「妊娠初期症状」・・その違いって何? はコメントを受け付けていません。 体に現れる症状