生理前の下痢、どうしたらいい?ユルいお腹の対策法3つ

生理前 下痢

「生理前になると下痢が続いて、お腹がユルユル・・」

生理前の下痢、本当に困りますね。何を食べても落ち着かないし、トイレが心配。外出するのも人に会うのも面倒になる・・

・生理前に下痢になる原因は?
・便秘した後に、下痢になるんだけど・・
・腹痛がして、下痢になる・・どう対策したらいい?

お腹がユルくなったり便秘になったりと、気分もブルーになる生理前。下痢の原因や対処法、少しでもお腹がラクになるヒントを、まとめてみました!

生理前は下痢が続く!腹痛もする!

生理前 下痢 腹痛

「お腹痛い・・生理前は下痢もするし、腹痛もする」

生理前になると下痢をしたり、腹痛を感じたりする人は少なくありません。また、便秘をした後に、下痢になるというケースもあります。

お腹がユルくなったり、今後は逆に出なくて困ったり・・この生理前の下痢や腹痛の原因は、一体何なのでしょうか。

下痢や腹痛の原因って?

生理前の下痢や腹痛の原因は、まだハッキリと解明されていませんが、「生理前に分泌されるホルモンの影響ではないか」と考えられています。

生理前や生理中には、「プロスタグランジン」というホルモンが体内に多く分泌されます。このホルモンには、子宮を収縮させる働きや、生理中に経血を押し出す働きがあります。

プロスタグランジンは、生理を起こすために必要不可欠なホルモン。しかしこのホルモンの働きによって、腸の動きが活発になり、お腹がユルくなるのではないかと言われています。

また、「プロスタグランジンが子宮を収縮させるため、下腹部の痛みや腹痛を引き起こす」とも考えられています。

・生理前の腹痛の原因と対処法
>生理前の腹痛がツラい‥痛みの原因と対処法とは

便秘をした後に、下痢をするのはナゼ?

生理前 下痢 便秘

生理前に下痢をするケースもあれば、便秘になるケースもあります。生理前は黄体ホルモンの影響で、便秘にもなりやすい時期でもあるのです。

排卵後から生理前は、水をためこむ性質のある黄体ホルモン「プロゲステロン」が、体内に多く分泌されます。

水をためこむ性質のある「プロゲステロン」の働きで、腸の中にある便の水分までとられてしまいます。そのため便はカチコチになり、便秘がちになってしまうのです。

便秘と下痢は、まるで正反対の症状のようですが、「腸の不調」が原因となって引き起こされるという点では同じ。

位置的に見ても、腸は子宮や卵巣のすぐそばにあるため、毎月の生理の影響を受けやすいのです。

下痢と便秘を交互に繰り返すようなら、「過敏性腸症(かびんせい ちょうしょうこうぐん)」の可能性もあります。また子宮内膜症が原因で、下痢になる可能性もあります。

下痢だけじゃなくて、吐き気もする・・

生理前になると黄体ホルモン「プロゲステロン」が増えるため、女性ホルモンのバランスが乱れがちになり、自律神経の働きも悪くなると言われています。

自律神経が乱れると、吐き気やめまい、寒気や微熱などの症状が引き起こされます。

吐き気やめまいを感じたら、まずは安静に。寒気がするなら、温かい飲み物などでカラダを温めて。吐き気を抑えるためには生姜が効果的なので、しょうが紅茶を飲むのもOK。

・生理前の吐き気について
>生理前の吐き気がツラい‥原因と対処法を教えて!

生理前の下痢は、妊娠の可能性も?

生理前 下痢 妊娠

「ただいま妊活中・・ひどい下痢は、もしかして妊娠したサインかも?」

妊娠してすぐにあらわれる「妊娠超初期症状」にはいろいろありますが、下痢も妊娠超初期の症状のひとつ。

妊娠後に起きる「妊娠超初期症状」も、生理前の不調(月経前症候群)も、ホルモンバランスの急激な変化で引き起こされるため、これらを見分けることは、実際に難しいのです。

ただ、「ふだん生理前には下痢はしない」という方が、生理予定日頃からひどい下痢をしている場合、それは妊娠初期のサインである可能性もあります。

・月経前症候群と妊娠初期症状の違いについて
>pmsと「妊娠初期症状」・・その違いって何?

生理前の下痢対策3つ!

それでは具体的に、お腹ユルユル状態にどう対処したらいいのでしょうか。簡単にできる「下痢の対処方法」を3つご紹介しましょう。

 

(1)薬を服用する

「下痢止め」の薬で市販のものもありますが、生理前の下痢には、生理痛を抑える薬(鎮痛剤)が効果的です。

なぜなら、生理痛を抑える薬には。痛みの元である「プロスタグランジン」の合成を抑える働きがあるからです。具体的な薬の例を上げると、「イブ」「ロキソニン」など。

生理前 下痢 薬

しかし、下痢や腹痛が起きてから薬に頼るのは、あくまでも対症療法。できれば生理前の不調そのものを解消して、下痢や腹痛から開放されたいものです。

生理前の不調(pms)を緩和する薬に「プレフェミン」があります。第1類医薬品指定。pms改善に効能が認められている有効成分が配合されています。

・プレフェミンの効果について詳しく
>プレフェミンを徹底解説!効果や副作用、実際どうなの?
 

 

(2)お腹にやさしい食べ物を

お腹がユルい時は、胃腸の負担になるような食べ物をさけ、できるだけお腹にやさしい食事を心がけましょう。

胃腸の調子をととのえるために、乳酸菌や食物繊維を意識してとりたいものです。腸内の乳酸菌を増やしてくれるヨーグルト、キムチ、納豆などの発酵食品がおすすめ。

逆にさけたい食べ物は、脂っこい食事や、辛い食べ物。胃に負担をかけたり、腸を刺激してしまうため、避けたほうが無難です。

また、白砂糖がたっぷり含まれたお菓子なども、できれば控えて。白砂糖は血液をドロドロにしてしまうため、血流が滞りがちになります。

生理前 下痢 薬
腸内環境を改善するために「ビオフェルミン」などの整腸剤を飲むのも一つの手です。

ビオフェルミンは、ビフィズス菌を主な成分とする乳酸菌のお薬。子供や妊婦、授乳中の方でも飲めるカラダにやさしい処方です。

 

(3)腸の動きを整える作用のあるツボ

胃腸の働きを整えてくれるツボが腹部にあります。お腹を下したり、腹痛を感じたりしたら、指でじんわりと押して上げて!

生理前 下痢

この写真の★の部分が「天枢(てんすう)」というツボ。

おへその両脇から、指三本分外側にあるツボで、左右にあります。指をあてて、息を吐きながら押してみましょう。

お腹がユルくなる原因には、ストレスも関係アリ

生理前 下痢

生理前に下痢・腹痛が起きる原因や、対処法についてみてきました。

生理前に下痢や腹痛が起きる原因
・生理前に分泌されるホルモン「プロスタグランジン」の影響で腸が刺激され、お腹がユルくなる
・「プロスタグランジン」の子宮を収縮させる働きのため、腹痛が引き起こされる

下痢と共に起きる吐き気の原因
・生理前になると黄体ホルモン「プロゲステロン」の分泌が増えて自律神経を乱すため、吐き気やめまいが起きる

下痢の対策方法
・薬を使用する(プロスタグランジンの合成を抑える鎮痛剤・あるいはpmsの医薬品)
・胃腸に負担のかからない食事を
・腸の働きを整えるツボを刺激する

生理前はカラダも気持ちもデリケートになる時期。普段は笑って過ごせるようなささいなことでも、生理前には大きなストレスになってしまいがちです。

ストレスは胃腸のトラブルを引き起こす原因のひとつ。ストレスを受けると胃腸の働きが悪くなり、スムーズに消化吸収ができなくなります。

「生理前に下痢などの胃腸トラブルが起きる」「気持ちに余裕がなくなる」など自覚があるなら、できるだけ生理前には予定をつめこまず、自分を労ってあげる工夫を。

運動不足や睡眠不足、バランスの悪い食生活などでも胃腸トラブルは引き起こされます。生理前もラクに過ごしたいなら、普段から気をつけて、自分を大事にしないとね。
 

執筆者:さつき