生理前の便秘がツラい‥スッキリ解消するヒント3つ

生理前 便秘

「生理前になると、いつも便秘になる・・」

生理前に「ついつい食べ過ぎる上に、便秘になる」という女子は多いもの。便秘のあとにひどい下痢になったり、下腹部がぽっこりしたり、吐き気がしたり・・この不快な症状を、何とかして解消したいものですね。

・生理前の便秘の原因は?解消法は?
・便秘の薬って、どんなものがあるの?
・便秘になったりひどい下痢になったりするのは、どうして?

生理前の便秘の原因と解消法を、まとめてみました。

生理前はいつも、ひどい便秘になる・・

生理前 便秘 原因

生理前の1週間~10日間の時期に、イライラ、便秘、下痢などといった様々な不調があらわれることを、「月経前症候群(PMS)」といいます。

PMSであらわれる症状は個人差が大きく、種類も多いのですが、生理前の「便秘」というのは、PMSの典型的な症状のひとつ。

PMSの原因は、はっきりと解明されていませんが、生理前の女性ホルモンの急激な変化によるものだと考えられています。

・pmsの原因と対処法について
>pmsとは?毎月来るアレの、原因と対処法!

生理前に便秘になる原因とは

それでは、生理前の便秘の原因は何なのでしょうか。
生理前になると、「プロゲステロン」という黄体ホルモンの分泌が増えます。プロゲステロンには、水をためこむ性質があり、腸にある便の水分まで奪ってしまいます。

そのため、水分をとられた便はカチンコチンに・・。そんな理由で、固くなった便はスルッと出ることが出来ずに、生理前は便がでない状態になってしまうのです。

また妊娠初期に、便秘に悩まされる人も多くいますが、これも黄体ホルモンの影響だと言われています。

・生理前の不調と妊娠初期症状の違いについて
>pmsと「妊娠初期症状」・・その違いって何?

生理前は便秘もするし、下痢もする・・

「生理前には便秘になるんだけど、下痢もする・・お腹の調子がとにかく悪い!」

生理前の下痢の原因もハッキリと解明されていないのですが、生理前や生理中に多く分泌されるホルモン「プロスタグランジン」の影響ではないか、と考えられています。

「プロスタグランジン」は生理を起こすために必要なホルモン。このホルモンの働きで、胃腸の働きが活発になり、生理前の下痢を引き起こすのではと言われています。

・下痢の原因と対策方法について
>生理前の下痢、どうしたらいい?ユルいお腹の対策法3つ

生理前 便秘 下痢

お腹のなかで「胃腸」と「子宮・卵巣」は、すぐそばに位置しています。そのため、胃腸は生理のたびに影響を受けてしまいます。

「生理前になるとお腹の調子が悪い」「臭いおならが出て困る」というのは、そのため。便秘も下痢もおならも、胃腸の不調が原因となっておきるのです。

また、女性ホルモンのバランスの乱れがちな生理前は、自律神経の働きもわるくなりがち。自律神経が乱れてしまうと、吐き気や寒気などの症状もあらわれます。

生理前の便秘をスッキリ解消するヒント3つ!

生理前 便秘 解消

それでは生理前の便秘を解消するには、どんな方法が考えられるでしょうか。まずは薬に頼らないセルフケアのヒント3つをご紹介しましょう。

(1)食生活の改善を!

アナタは普段、どんな食生活をおくっていますか?バランスのよい食事をしていますか?便秘を解消するためには、まず食事の内容に気をつけるようにしましょう。

便秘解消のために気をつけたい食習慣

・食物繊維を多く含む食べ物を摂る

便秘解消のためには、食物繊維を多く含む食べ物を意識して口にするようにしましょう。食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。

・水溶性食物繊維
保水性が高いため、腸内で水分を吸着し、便を柔らかく出しやすい状態にしてくれます
(多く含む食べ物)果物、ヒジキ、わかめ、昆布などの海藻類、こんにゃくなど

・不溶性食物繊維
腸のぜん動運動を活発にする働きがあり、便意を促してくれます
(多く含む食べ物)野菜、キノコ、大豆や小豆などの豆類

これらの食物繊維を含む食べ物をバランスよく摂るようにしましょう。

 

・善玉菌を増やそう!

いい状態の腸内では、乳酸菌などの「善玉菌」が腸内の環境を整えています。便秘解消のためには、腸内の善玉菌を増やすことが重要です。

善玉菌を増やすためには、善玉菌の栄養になる発酵食品や乳製品などを、意識して口にするようにしましょう。納豆、味噌やお漬物、ヨーグルトやチーズなどがおすすめ。

 

・水分をしっかり摂ろう!

カラダに水分が足らずに、便秘がちになることもあります。コマメに少しずつ、水分を補給することを意識しましょう。

水分といっても、お茶やコーヒーには利尿作用があるため、逆に水分を失うことにもなります。コーヒーなどを飲んだら、多めに水分も補給して。

(2)朝のすごし方にひと工夫を

便秘を解消するためには、朝の過ごし方にひと工夫をしてみましょう。朝起きたら、コップ1杯の水を飲んで腸に刺激を与え、活動を促しましょう。

朝食をとった後に時間の余裕をもって、必ずトイレに行く習慣をつけることも効果的。便意があるのにトイレに行くのをガマンしてしまうと、便意はおさまってしまいます。

便意をガマンばかりしていると、やがて便意を感じなくなってしまいます。トイレに行きたい!と思ったら、すぐトイレへ!便秘解消の基本です。

 

(3)適度な運動を!

腹筋の力が弱くて「便が出せない」ということもあります。運動をして腹筋を鍛えることも、便秘の解消に役立ちます。

普段から運動不足を感じている方は、適度な運動をしてみることもオススメ。身体を動かすことで腸の活動も促すことができます。

腹筋運動のほか、ウォーキングや軽いジョギング、腹式呼吸なども便秘解法として効果的です。

便秘の薬には、どんなものがある?

便秘の薬にはいろいろ種類がありますが、あまり安易に下剤などは使いたくありませんね。副作用なども心配です。

生理前の便秘の解消には、どんな薬が効果的なのでしょうか。具体的な製品名をあげてご紹介しましょう。

 

(1)ハーブインタケダ(武田薬品)

生理前 便秘 薬

製品名 ハーブインタケダ(第2類医薬品)
有効成分 ダイオウエキス末、カンゾウエキス末
ジオクチルソジウムスルホサクシネート
用法 1日1回、就寝前に服用すること
・2~3日便通がない時‥2~3錠
・4日以上便通がない時‥3~4錠
価格 24錠入・・・830円(税抜き)
72錠入・・2000円(税抜き)

ハーブインタケダには、大腸のぜん動運動を促す「大黄(ダイオウ)」と、大黄の働きをサポートする「甘草(カンゾウ)」などの生薬が含まれています。

生理前のカチカチになった便に水分を与えて、排便しやすい状態にしてくれるお薬です。

 

(2)プレフェミン(ゼリア新薬)

生理前 便秘 薬

製品名 プレフェミン(第1類医薬品)
有効成分 チェストベリーエキス(40mg)
用法 1日1回、1錠を服用のこと
価格 30錠入・・1800円(税抜き)

生理前になると便秘だけでなく、イライラする、腹痛がする、頭痛がするなどの不調に悩まされているなら、生理前の不調(=pms)を緩和するPMSの医薬品を。

プレフェミンは、国内初の月経前症候群のお薬。有効成分は西洋ハーブ「チェストベリー」で、生理前の不調を緩和する効果が認められています。

・PMSの医薬品「プレフェミン」について詳しく
>プレフェミンを徹底解説!効果や副作用、実際どうなの?

 

(3)女性のミカタ

生理前 便秘 薬

製品名 女性のミカタ(すこやか編)
有効成分 チェストベリー(40mg)、メリロート、
ウラジロガシ、ヒハツ、ビタミンB1、B6、B12
用法 1日2粒
価格 初回価格・・・・980円(送料無料)
2回めから・・1782円(送料無料)

「女性のミカタ」は、PMSの医薬品「プレフェミン」と同じ有効成分が入っているサプリ。知名度は低いながらも、優秀なPMS改善サプリです。

生理前の不調を緩和する「チェストベリー」を40mg配合。プレフェミンには入っていない有効成分も入って、プレフェミンよりお値段おトク。初回は980円でお試しできます。

・サプリ「女性のミカタ」について詳しく
>「女性のミカタ」を徹底解説!気になる効果と成分は?

生理前の便秘、こまめなセルフケアで改善!

生理前 便秘

生理前の便秘の原因や解消法、薬などについて見てきました。

生理前の便秘の原因とは

・生理前に多く分泌される黄体ホルモンの影響と考えられている
・生理前の心身にさまざまな不調あらわれる「月経前症候群」の症状のひとつ

生理前の便秘解消のヒント
・食生活を改善する
・発酵食品で腸内の善玉菌を増やす
・水分をしっかり摂る

「便秘解消をしたくても、なかなか生活を変えるのは難しい・・」というアナタ。確かに定期的な運動をしたり、毎回栄養バランスのとれた食事を準備するのも大変ですね。

そんな場合、最も手軽にできる方法として「腹式呼吸」がオススメ。

ゆっくりと鼻から息を吸ってお腹をふくらませ、ゆっくりと口から息を吐いてお腹をへこませる「腹式呼吸」。いつでもどこでも簡単にできる呼吸法ですが、腸が刺激されて、便意がおきやすくなるというメリットが。

また「冷え」やストレスも、便秘の原因になります。ゆっくりお風呂に入って、お腹を「の」の字をかくようにグルグルとマッサージするのも効果的。

手軽にとれるPMS改善サプリなども、副作用の心配がないのでおすすめです。生理前の女性のカラダはとてもデリケート。この時期はできるだけ自分の身体を労ってあげないとね!

執筆者:さつき