生理前なのに生理痛のような痛みが・・その原因と対処法とは?

生理前 生理痛

生理前なのに、生理痛のような痛みを感じることはありませんか?

「生理前に、生理痛のような痛みがあるのはどうして?お腹がギュッとしめつけられるように痛い・・」

ただでさえユウウツな生理前。生理が始まってもいないのに、生理痛のように下腹部が張って痛くなると、さらにブルーになりますね。

・生理前の腹痛の原因は何?
・鎮痛剤を飲むとしたら、どんな鎮痛剤が効果的?
・生理前の腹痛の対処法は?

この生理前の腹痛は、生理痛を引き起こす「あるモノ」と関係があるのです。

生理前の腹痛の原因と、痛みを和らげる方法をまとめてみました。生理前の不調を改善するサプリメントもご紹介します。

>20種類以上のpmsサプリを試したなかで、1番優秀なのは・・コレ!

生理前なのに生理痛!?その原因とは

生理のたびに私たちを悩ませる生理痛。その痛みの原因は、経血を押し出すために、子宮が収縮することだと言われています。

それではなぜ生理が始まる前から、生理痛のようなお腹の痛みを感じるのでしょうか。

・生理前に腹痛を感じるようになる原因

生理の子宮は、経血を体外に排出するために収縮します。その子宮に「収縮しなさい」と指令を出すのが、局所ホルモン「プロスタグランジン」

このホルモンが、生理痛も、生理前の腹痛も引き起こしていると言われています。

このプロスタグランジンは、生理中だけでなく、生理がはじまる約1週間前から分泌されます。

プロスタグランジンの分泌のピークは生理前の2,3日間だと言われています。そのため、生理前のタイミングで腹痛を感じるようになるのです。

生理前の生理痛は、生理がはじまる2、3日前に起きることが多くはないですか?
この下腹部の痛みの原因は、このプロスタグランジンが引き起こしているものなのです。

腹痛だけじゃない!吐き気やイライラの原因にも・・

同時にプロスタグランジンは、生理前の吐き気や、イライラの原因にもなります。

プロスタグランジンが過剰に分泌されると、自律神経の働きが乱されるため、イライラしたり気分が不安定になってしまうのです。

プロスタグランジンが引き起こす生理前の不調

・下腹部の痛み(子宮を収縮させるため)
・吐き気(胃腸を収縮させるため)
・イライラ(過剰に分泌されると、自律神経を乱してしまう)

生理前のさまざまな不調、なんとかしたいですね・・。それでは生理痛のような痛みを和らげるためには、どんな方法があるのでしょうか。

生理前の生理痛に!痛みの対処法3つ

生理前 生理痛

生理前の腹痛の原因は、生理痛を引き起こしているモノと同じ。生理前なのに生理痛のような痛みがあるときは、基本的に生理痛を緩和させる方法を試してみて。

生理前の腹痛を和らげるためのヒント3つをご紹介しましょう。

1.生理前の腹痛にも鎮痛剤はOK

「この痛みをすぐに止めたい!」という場合は、市販の鎮痛薬(痛み止め)が頼りになります。鎮痛剤には、痛みの原因となるプロスタグランジンの合成をおさえる効果があります。

また、生理前から鎮痛剤を飲んでいると、プロスタグランジンの合成がおさえられるため、「生理がはじまってからの生理痛も軽くすむ」というメリットもあります。

ちなみに、市販の鎮痛剤でよく使われている「イブプロフェン」「ロキソニン」などには、プロスタグランジンの合成をおさえる働きがあります。

2.おなかを温める

生理前の腹痛がひどい時は、痛みのある部分(下腹部)を温めてみて。

カラダが冷えて、血のめぐりが悪くなっていると、よけいに痛みが強くなってしまいます。原始的な方法ですが、なかなか効き目があります。

使い捨てカイロでもいいし、蒸しタオルでもOK!お腹だけでなく腰痛もある時は、腰にカイロを張るのもアリです。

ただしカイロを貼るときは、低温やけどにご注意を。素肌に直接張るのはさけて、下着・インナーの上から貼るようにしましょう。(管理人は、腰に貼っていて、低温やけどしたことがあります・・)

3.軽くカラダを動かしてみる

お腹が痛いからとじっとしているよりも、できれば積極的にカラダを動かしてみましょう。

カラダを動かすことで、血のめぐりがよくなります。痛みが軽減するだけでなく、ストレス解消にもなるので、ゆっくり散歩をするだけでも十分に効果アリ。

痛くてカラダを動かすのがツラくて、外出するのもおっくうなら、部屋でストレッチやヨガをするのもいいでしょう。ぬるめのお風呂に入って、腹部をマッサージするのも効果的です。

生理前の生理痛・・原因と対処法まとめ

生理前 生理痛

生理前の、生理痛のような痛みの原因と対処法についてまとめてみました。

生理前の下腹部痛の原因とは
・子宮を収縮させるホルモン「プロスタグランジン」が生理前から分泌されるため

プロスタグランジンが引き起こす不調
・下腹部の痛み
・吐き気
・イライラ

生理前の下腹部痛、3つの対処法
・鎮痛剤を服用する
・お腹を温める
・軽くカラダを動かしてみる

生理前の腹痛が起きてから対処するのではなく、生理前の不調を根本から解決したい場合は、生活習慣や食生活を見直す必要があります。

プロスタグランジンの働きをおさえるためには、γ(ガンマ)リノレン酸が効果的だと言われています。γリノレン酸は、「亜麻仁油」や「月見草オイル」などに豊富に含まれるので、普段の食生活にとりいれてみては。

・プロスタグランジン対策にオススメな成分・γリノレン酸について
>pmsにγリノレン酸って、効果があるの?

今いちばん売れてるサプリ「女性のミカタ」には、月見草オイル330mgが配合されています。生理前の腹痛が気になるようなら、手軽なサプリをお試ししてみて。

 

生理前 生理痛

執筆者:さつき