pmsの原因って?症状を悪化させるNG要因5つ

pms 原因

「pmsの原因って、一体ナニ?」

毎月のツラいpms。その原因は「女性ホルモンのアンバランス」などと言われていますが、症状を軽くするためにはどんな対策をすればいいのでしょうか。

「コーヒーはpmsを悪化させる原因のひとつ」
「ストレスも症状を悪化させる!」

日常生活のなかでも「〇〇はpmsの原因になる」と言われているNG要因はいくつもあります。

ここでは、pmsを引き起こす原因と、症状を悪化させる原因となる生活習慣について、まとめてみました。

pmsの原因は、女性ホルモン?

pmsの原因には諸説ありますが、主な原因としては女性ホルモン「プロゲステロン」「エストロゲン」のバランスが急に変動することで起きると言われています。

・女性ホルモンの急な増減によるという説
→卵胞ホルモン「エストロゲン」や、黄体ホルモン「プロゲステロン」などの分泌量が急に増減するため

・セロトニンの分泌異常によるという説
→生理前には、脳内刺激を伝達する「セロトニン」のバランスが乱れるため

他にも、「生理前には、低血糖になりやすいため」「局所ホルモン“プロスタグランジン”が引き起こす」「鉄欠乏性貧血のため」‥など、さまざまな原因が考えられています。

その習慣ヤバイかも‥?pmsがひどくなる原因とは

「pmsの原因は、女性ホルモンのアンバランス」と言われても、何だかピンときませんが、「コーヒーで症状がひどくなる!」などと言われれば具体的でわかりやすいですね。

それでは今度は、具体的な「pmsがひどくなる原因5つ」を見てみましょう。

1)栄養バランスの悪い食生活

pms 原因

まず原因としてあげられるのが「食生活の乱れ」。
アナタは栄養バランスのとれた食生活を送っていますか?ジャンクフードやコンビニ弁当ばかりの食生活を送っていたら、まずアウト。pmsも悪化する一方です。

ジャンクフードなどには想像以上に多く添加物が含まれていて、その分解のために大量のビタミンが消費されます。

またよく言われていることですが、カフェインはpmsがひどくなる原因のひとつ。カフェインを断つことで「生理前の症状が緩和される」というデータもあります。

「1日にコーヒーを何杯も飲んでる」というアナタ。それがもしかして症状を悪化させる原因のひとつになっているかも・・?

食生活における注意点

・カフェインを断つこと
・ビタミンやミネラル、タンパク質、炭水化物をバランスよく摂る
・ジャンクフード、レトルト食品は、できるだけ避ける
・白い砂糖たっぷりのお菓子は、できるだけ避ける

《参考記事》
pmsを改善する食事って?覚えておきたい3つの基本

2)運動不足である

pms 原因

運動不足もpmsの原因のひとつになります。アナタはウォーキングやジョギングなど、ほどよくカラダを動かす習慣がありますか?

「適度な運動(なかでも有酸素運動)をすると、生理前の諸症状が軽くなる」という調査結果もあります。運動をすることで血糖値が安定し、pmsのイライラや疲労感が緩和されるのです。

「毎日デスクワークで、運動不足の自覚アリ」という場合。「生理前もラクに過ごそう!」というモチベーションを持って、少しでもカラダを動かすようにしましょう。

「エレベーターを使わずに階段を昇り降り」・・これも立派な有酸素運動です!

運動不足に関する注意点

・運動不足の自覚があるなら、できるだけ体を動かすようにすること
・適度な有酸素運動を、定期的に行うこと

3)カラダが冷えている

pms 原因

「もうワタシ冷え性で・・」という方は、生理前の不調に悩んでいることが多いもの。体が冷えると体内の血のめぐりが悪くなり、pmsの症状を悪化させる原因のひとつに。

オシャレ優先で薄着がちであったり、寒い季節でも冷たい飲み物が好きだったり・・そんなことの積み重ねでカラダは冷えていきます。

女子は「首」とつく部分を冷やすのはNG。首、手首、足首は暖かくして。そして暖かい飲み物を飲むよう心がけよう。

あと重要なのは、シャワーだけですませないで、毎日お風呂で温まる習慣をつけること。シャワーだけでは体の芯まで温まりません。しっかり湯船で体をあたためて。

「冷え」に関する注意点

・薄着をしすぎない、「首」の部分を暖かく
・冷たい飲み物は控えめに
・毎日、お風呂でしっかり温まる習慣を

4)煙草・お酒の習慣がある

pms 原因

pmsを悪化させる原因に、煙草・飲酒の習慣があります。煙草に含まれる「ニコチン」は血流を悪化させ、女性ホルモンの分泌にも悪い影響を与えます。

pmsの治療には「低用量ピル」がよく使われますが、喫煙の習慣があると、血栓症のリスクが高くなるため、ピルを処方することができません。

また、アルコールも生理前には避けたいもの。女性ホルモンが肝臓のアルコールの代謝を遅くするため、悪酔いしやすくなります。
適度な飲酒はOKですが、「生理前は酔いやすい、二日酔いになりやすい」と心得て、なるべく控える方向で

煙草・飲酒に関する注意点

・煙草はNG!できるだけ禁煙を
・生理前のアルコールは控えめに・・

5)強いストレスを感じている

pms 原因

ストレスもpmsを悪化させる原因のひとつ。ストレスを強く感じている方ほど、生理前の不調が重くなる傾向があります。

強いストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れ、ホルモンの分泌にも悪い影響を与えます。ストレスで生理が止まったり遅れてしまうのは、このため。

ストレスを解消するためには、心からリラックスできる「自分だけの時間」を大切にすること。意識してリラックスのための「お茶の時間」「好きな音楽」「お気に入りのおやつ」を準備しておくのもアリ。

自分の部屋で手軽にできるヨガもおすすめ!
pmsをヨガで改善!効果を高めるポイント5つ

まだまだ未知なる生理前症候群・・賢く対処するしかない!

pmsの生理的な原因と、生理前の不調を悪化させる生活習慣などについて見てきました。

主な原因と考えられている説

・女性ホルモンの急激なアップダウンによるもの
・セロトニンの分泌異常によるもの
・生理前の低血糖によるもの
・局所ホルモン「プロスタグランジン」によるもの
→なかでも「女性ホルモンの急な増減による」という説が一般的

pmsを悪化させる生活習慣・原因

・栄養バランスのかたよった食生活
・運動不足
・体の冷え
・タバコ・飲酒の習慣
・強いストレス

意外なことに、pmsの原因はまだ完全に解明されていません。
pmsの症状には個人差が大きく、報告されている症状だけでも150種類以上・・まだ分かっていないことも多いのです。

欧米では人間科学、心理学、精神医学など、さまざまな医療分野でpmsの研究が進められています。ちなみに欧米では、生理前の女性が起こした犯罪には、情状酌量が認められているとか。

「pmsで離婚した!」など、別れの原因にもなることもある生理前症候群。できることから対策していかないとね・・。症状を悪化させる生活習慣を見直したり、pmsサプリを試してみたり、簡単なことから始めてみよう。
 

執筆者:さつき


2016/04/01 pmsの原因って?症状を悪化させるNG要因5つ はコメントを受け付けていません。 原因