生理前のイライラ・・その原因は母性本能だった?

生理前 イライラ 原因

生理前は決まってイライラが爆発してしまう・・原因って何だろう?

「ホントに生理前の私って、自分のことながらヒドイ」
「ちょっとしたことでイライラして、すぐ家族や友達にあたってしまう・・」

生理前にイライラしてしまうのは、pms(月経前症候群)のよくある症状のひとつ。アナタは今までに「私ってpmsかも?」と思ったことはありますか?

(そもそもpmsって何?という方はpmsとは?毎月来るアレの、原因と対処法!を参照して下さいね)

・どうして生理前にイライラするの?
・イライラを引き起こすpmsの原因とは?

pmsの典型的な症状のひとつにも挙げられるイライラ。その原因は、私たち女性のカラダの成り立ちそのものと関係があります。

女性のカラダの成り立ち・・すなわち「子どもを産むようにできている」ということ。

「子どもを産むためにできている女性のカラダ」と「イライラの原因」の関係について、まとめてみました。

生理前のイライラの原因って?

生理前にイライラするのは、pms(月経前症候群)のよくある症状のひとつで、めずらしいことではありません。実際、イライラしていると「もうすぐ生理なの?」・・なんて言われたりもしますね。

pmsには、いくつかの原因が考えられています

pmsの原因

・女性ホルモンのアンバランス
・低血糖症
・鉄欠乏性の貧血

pmsの原因について、詳しくはpmsの原因って?症状を悪化させるNG要因5つを参照していただきたいのですが、ここでは、違う角度から生理前のイライラの原因を見てみたいと思います。

生理前のイライラのもうひとつの原因とは・・私たちの体は、子どもを産むようにできているから!

子どもを産むカラダは、他のことを受け入れられない体?

生理前になると、ふだんは気にならないことが妙に気になったりしませんか?

・友達や家族のイヤなところが目につく
・ささいなことに敏感になり、イライラしてしまう

「家族が、部屋を散らかしたまま」だとか、「友人がちゃんと話しを聴いてくれなかった」とか・・そんな細かいことでイライラしてしまう。

自分でも「こんなことでイライラしてしまう自分がイヤ!」と自己嫌悪。でもその“細かいことが気になってしまう”のは、子どもを守る本能のせいかもしれません。

生理前のイライラの原因は「子どもを産む」本能のせい?

生理前 イライラ 原因

生理前の時期は、黄体ホルモン「プロゲステロン」が多く分泌されている時期です。黄体ホルモンとは、妊娠を持続させるために分泌されるホルモン。

プロゲステロンの働き
・赤ちゃんをむかえるため、子宮内膜を厚くする
・基礎体温を上げる

プロゲステロンとエストロゲンの入れ替わりがうまくいかないと、気持ちが不安定になったり、便秘や肌荒れをおこします。また、プロゲステロンには、水を蓄える働きがあるので、むくみも生じます。

加えて、生理前の時期は、実際に妊娠しているかどうかは別として、“もしかして妊娠しているかもしれない時期”。「赤ちゃんがお腹にいるかも・・」と、プロゲステロンが働いている時期なのです。

「妊娠しているかもしれない」
「お腹に赤ちゃんがいるかもしれない」

生理前のカラダは、妊娠している可能性に備えて、「赤ちゃんを守るモード」にシフトします。

そのため、個人差はありますが、細かいことが気になってイライラしたり、ささいなことが受け入れられなくなると言われています。

妊娠していなくても、カラダは「子どもが出来ているかもしれない可能性」に賭けて、全力を尽くしてる。「なんて健気なワタシの体!」・・そう思えてきませんか?

生理前のイライラの原因って?・・まとめ

生理前のイライラの原因について、少し違った角度から見てみました。

生理前のイライラ(=pms)の原因

・女性ホルモンのアンバランス
・鉄欠乏性の貧血
・低血糖症
・妊娠の可能性に備えて、体が「子どもを守る」モードに入っているため

私たち女性のカラダは、「子どもを産んで育てる」ようにできているため、安全欲求があると言われています。そしてその傾向が強くなるのが生理前なのです。

生理前のイライラ(=pms)を改善する方法はいろいろあります。生活習慣を改善してホルモンバランスを整えるとか、鉄分を意識して摂るとか、食生活を見直すとか、定期的に運動をするとか・・。

それらを試したうえでも、生理前にイライラしてしまうことはあると思います。でもそれは「女性の体はそんな風にできているのだから、仕方ない!」・・これに尽きます。私たちのカラダは、そんな風にできているのだから。

執筆者:さつき