生理前って‥太る!体重増加の原因と、ダイエットのヒント4つ

生理前 太る

生理前になると、体重が増えて困る、ということはありませんか?

「生理前はつい食べ過ぎて、太る」「カラダがむくむ」
「ダイエットしているのに、体重が増加する!」・・そんな方は少なくありません。

・生理前に体重が増える理由は?
・この時期は、いつから太る?
・体重増加を防ぐコツとは?

生理前に太る原因と、体重増加を防ぐ方法、ダイエットに最適な時期など、まとめてみました!生理前の不調を和らげるサプリなどもご紹介します。

>20種類以上のpmsサプリを試したなかで、1番優秀なのは・・コレ!

生理前に体重が増加する原因は?

生理前 体重 増加

「生理前になると体重が増える、太る」ということは、女性のカラダの成り立ちと多いに関係があります。

体重が増加する原因とは

・生理前に多く分泌される黄体ホルモン「プロゲステロン」には、栄養や水分を蓄えようとする働きがある

→栄養を蓄えようとする働きから、太りやすくなる
→水分が排出しにくくなるため、むくみやすくなる

生理前のカラダは妊娠している可能性に備えて、栄養を蓄えようとしているのです。この時期に体重が増えたり、むくみやすくなるのは、自然なことなのです。

また体重増加といっても、体内から排出されずに停滞している水分で重くなっている可能性が大。生理が終わると水分が排出され、元の体重に戻ることが多いので、2~3キロの体重の増加なら心配はありません。

しかし食欲が異常にでてコントロールできなくなったり、あわせて自己嫌悪感やイライラ感がひどかったりするようなら、月経前症候群(pms)の疑いがあります。

■月経前症候群(pms)とは

・生理前の女性の心身にあらわれる不快な症状のこと。
・腹痛がする、吐き気がする、食欲が出る‥など、カラダに起きる症状もあれば、イライラする、うつ状態になる‥など、気持ちにあらわれる症状もあり、症状には個人差が大きい。

・pmsの症状について
>pmsとは?毎月来るアレの、原因と対処法!

生理前のいつから太る?

生理前 太る いつから

それでは、生理前のいつから食欲が出たり、体重が増えたりするのでしょうか。

一般的に、体重増加が始まるのは
「生理が始まる5日~1週間前頃」からと言われています。

また食欲が出て止まらなくなるのは「生理が始まる3日くらい前」と言われていますが、個人差があります。

いずれにせよ、生理前は食欲が増しやすい時期であり、太りやすい時期。
ダイエットには不向きな時期です。

ダイエットを成功させたいなら・・

・やせやすい時期は、生理明けの1週間から排卵期まで
→生理が終わってからダイエットを!

・生理前はダイエットには不向き
→食生活には十分に注意を!

体重を減らすなら、カラダが栄養を貯めこむモードに入っている生理前ではなく、生理後の体調のよい時期を狙ってダイエットを。

生理後1週間から排卵(生理後およそ14日後)まではカラダの代謝がよくなる時期なので、このタイミングでのダイエットが効果的。

また生理前に気をつけるべきことは、非常にシンプル。「食べるものに気をつけること」です。

生理前に体重が減らない時‥覚えておきたい4つのこと

生理前 体重 減らない

生理前になると「食欲が止まらない」のは、よくあることですが、よりによってスナック菓子やジャンクフード、チョコなどの甘いものが食べたくなるから困りますね・・

白い砂糖たっぷりのスイーツなどは、月経前症候群(pms)の症状を悪化させると言われています。アナタが口にするもので、pmsの不快な症状をますます重くさせてしまうという事もあるのです。

生理前に体重が減らないのは仕方ありませんが、この時期の食生活に気をつけることで、pms期を快適に過ごすことができます。体重増加を抑えるヒント4つをご紹介しましょう。

1.スイーツ、ジャンクフードを控える

生理前(pms期)は甘いものやジャンクなお菓子などがムショーに食べたくなる時期ですが、できるだけ控えるようにしましょう。

pms期には、血糖値を下げるホルモン「インシュリン」が低下するため、インシュリンを増やそうと甘いものが食べたくなります。
しかしインシュリンは、急激に分泌されると太りやすくなります。

ガマンしすぎもストレスになりますが、できるだけ砂糖たっぷりのお菓子や、ジャンクフードは控えめに。甘いものが欲しければ、ドライフルーツや、バナナなどの果物を口にするようにしましょう。

2.カフェインを多く含むコーヒーなどを控える

生理前の時期は、何かとイライラしがち。コーヒーなど、カフェインを多く含むものを口にしたくなりますが、この時期のカフェイン摂取は控えめに。

カフェインは、月経前症候群(pms)の症状を悪化させるというデータもあります。

コーヒー、紅茶などカフェインを含むものを控えることで、過食や食欲異常などの症状が抑えられ、「太る」「体重が減らない」という事態も回避できるはず。

3.ビタミン、ミネラル、たんぱく質を!

生理前にはハッピーホルモンと呼ばれる神経伝達物質「セロトニン」が不足しがちになります。そのため、イライラしたり、情緒不安定になったり。

セロトニンの原料は、たんぱく質の一種である「トリプトファン」。pmsや体重増加を抑えるためにも、このトリプトファンを多く含む食べ物をとるようにしましょう。

トリプトファンを多く含む食べ物

・ささみ、豚肉などの肉類
・さば、まぐろなどの魚類
・ヨーグルト、チーズなどの乳製品
・卵、豆乳、バナナなど

また、トリプトファンが脳細胞にしっかり吸収されるためには、ビタミン、ミネラルなども必要です。バランスのよい食事を心がけましょう。

4.何回かにわけて食事をとる

血糖値を下げるホルモンである「インシュリン」が大量に出ると、太る原因になってしまいます。

減らない体重にお悩みなら、このインシュリンを一気に分泌させないために、食事は何回かに分けて摂るようにしましょう。朝食・昼食・夕食にあわせて、軽いオヤツなどを食べてもOK。

「少しずつ食べる」食生活で、太りにくくなるだけでなく、しあわせ感を司るホルモン「セロトニン」もしっかりと作られるようになります。

・pms期に過食して太る原因と食欲を抑えるコツ
>pms期に食欲が止まらないのはナゼ?食欲を抑える3つの方法

「体重が減る」というケースも

生理前は体重が増えやすい時期ですが「体重が減少する」というケースもあります。

pms期になると、カラダの血流は滞りがちになります。カラダの臓器に血液が行き届かなくなり、栄養を吸収する力が落ちてしまうため、体重が減ると言われています。

体重の減少が気になるのなら、胃に負担をかけないように、食事を小分けにして摂るようにしましょう。コーヒーなどカフェインを含むもの、刺激物などを避け、消化のよい温かい食べ物を選んでみて。

pmsを緩和するサプリもおすすめ

生理前に食欲が暴走して過食したり、気持ちがコントロールできなかったり、ひどくイライラする場合。そんな症状は、pms(月経前症候群)のせいなのかもしれません。

pmsは、病院で薬を処方してもらって治療することもできますが、サプリメントで症状を緩和するという手もあります。
生理前 太る サプリ

今いちばん売れているサプリは「女性のミカタ」。pmsの医薬品と同じ有効成分(チェストツリー)が配合されています。1ヶ月分60粒(1日2粒目安)で、1782円(送料無料)、初回は980円でお試しできます。

・pmsサプリ「女性のミカタ」について詳しく
>「女性のミカタ」を徹底解説!気になる効果と成分は?

生理前に太るなら‥生理後にリカバー!

生理前 太る

生理前に太る原因や、体重増加を防ぐ食生活のヒントをまとめてみました。

生理前になると太る原因
・生理前に多く分泌される「プロゲステロン」には、栄養・水分を蓄える働きがあるため
・月経前症候群(pms)の症状のひとつである可能性も

いつから太る?
・体重が増加するのは‥生理の5日前ごろ
・食欲がでるのは‥生理の3日前ごろ

体重増加を防ぐためのヒント
・砂糖たっぷりのお菓子、ジャンクフードを控える
・コーヒーなど、カフェインを多く含むものを控える
・たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂る

「生理前になると、チョコやポテトチップを爆食、そして太る!」という方は多いもの。食べてしまった後に、胃が気持ち悪くなったり、自己嫌悪になったり・・

食べてしまった罪悪感から、食べたものを吐いたり、下剤で出そうとする異常行動に走ることもあります。また、太ることへの恐怖心から、食べることができなくなる「拒食症」になる人もいます。

生理、食欲、そして体重。私たちの悩みは深い。

生理前の食事の内容には気をつけて、あとは「生理前に食欲や体重が増えるのは仕方ないこと」とある程度割りきってしまおう。そして、生理が終わったあとの「痩せやすい時期」にリカバーを!

 

生理前 太る

執筆者:さつき


2016/11/16 生理前って‥太る!体重増加の原因と、ダイエットのヒント4つ はコメントを受け付けていません。 改善方法