生理前の腰痛を緩和するには?生活習慣と漢方薬まとめ

生理前 腰痛 緩和

生理前の腰痛を、少しでも緩和したい・・

生理前の腰痛は、生理前にいろんな不調があらわれる生理前症候群(pms)の症状のひとつ。生理前だけ腰痛がする場合もあれば、生理中までずっと腰痛が続くというケースもあります。

生理前の腰痛を、緩和するにはどうしたらいいのでしょうか。

腰の痛みを和らげるヒントと、腰痛にも効果のある漢方薬についてまとめてみました。

生理前の腰痛を緩和するには?

「生理前になると、お腹も痛いし、腰も痛い。体の表側も裏側も痛いなんて最悪・・」

下腹部の痛みとセットになってあらわれることの多い、生理前の腰痛。この腰の痛みは、骨盤まわりの血がとどこおることで起きると言われています。

生理前になると、子宮もその周辺も、血液を大量にふくんで膨張します。ふくらんだ子宮は骨盤まわりを圧迫して刺激し、腰などにも痛みが起きるのです。

腰痛の原因はこの他にもいろいろ考えられ、子宮や卵巣などのトラブルが原因で腰痛が起きている可能性もあります。

生理前の腰痛に・・まずは温めて

腰痛と一口にいっても、急性の腰痛と、慢性的な腰痛では、対処法が違います。

ぎっくり腰など急性の痛み
→冷やして炎症を緩和する

慢性的な腰痛
→温めて血行をうながす
→消炎効果・鎮痛効果のある湿布・飲み薬を使う

生理前の腰痛は、慢性的な腰痛。背骨や腰をあたためると痛みが和らぎます。

婦人系の病気で腰痛がある場合にも、腰まわりを温めることは有効。骨盤や下腹部の血流がよくなることで、痛みが緩和されるはずです。

生理前の腰痛緩和に・・改めたい生活習慣

生理前 腰痛 緩和

骨盤まわりの血が滞ることで起きると言われている生理前の腰痛。血のめぐりを促進するためにも、適度な運動をこころがけることは大切です。

また、腹筋・背筋の弱さから、筋肉の疲労で腰の痛みが出るということも。痛みがある場合は無理をしないほうがいいのですが、できる範囲で腹筋・背筋の強化を。少しずつでも毎日続けることが大事です。

また、骨そのものを強化することも効果的。カルシウムをしっかりと摂って適度な運動をすることで、カルシウムが十分に吸収されます。

参照記事:pmsの腰痛をラクにする対策方法について
pmsの腰痛をラクにする!今日からできる対策方法とは

生理前の腰痛、漢方薬で緩和するなら

生理前の腰痛が、漢方薬で緩和されることもあります。

漢方医学的に見ると、腰は「気」や「血」の通り道がたくさんある場所。気が滞る「気滞(きたい)」や血が滞る「瘀血(おけつ)」により、痛みがでると考えられています。

原因がハッキリしないことも多い腰痛。西洋医学では「痛み止めを処方する」など対症療法になる場合も多いのですが、漢方医学では「気」や「血」の流れをよくする治療を行っていきます。

腰痛に効能のある漢方薬

・加味逍遥散(かみしょうようさん)
・桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがん)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

この3つは、「婦人3大漢方薬」と呼ばれ、pmsの症状を和らげる漢方薬としても有名です。腰痛と一緒に、生理前の不調も緩和してくれるかもしれません。

漢方薬は、漢方専門医だけでなく、普通の病院でも処方してもらうことができます。よく処方されるのはツムラの顆粒状の漢方薬には、健康保険が適用されます。

生理前の腰痛を緩和するには・・まとめ

生理前の腰痛を緩和する方法や、腰痛を改善する効果のある漢方薬などを見てきました。

生理前の腰痛を緩和するには

・温めて血行を促す
→生理前の腰痛は、骨盤まわりのうっ血が原因のひとつ

・生活習慣の改善
→適度にカラダを動かすことで、血のめぐりを促進
→腹筋・背筋を鍛えて筋力アップする
→カルシウム補給で骨そのものの強化を

生理前の腰痛を緩和する漢方薬

・加味逍遥散/桂枝茯苓丸料/当帰芍薬散

腰が痛いと、つい猫背になりがちですが、普段からできるだけ腹筋と背筋を意識して、正しい姿勢をキープして。

腰痛には、マッサージなども効果的です。入浴中にでも、痛む部分を優しくほぐしてみて。カラダが芯からあたたまる半身浴や足湯もおすすめです。

痛むときは無理をせず、カラダをいたわって、温めて。腰痛の改善もpmsの緩和も、まずは自分を大事にすることからです。

執筆者:さつき

コメントを残す