pmsをヨガで改善!効果を高めるポイント5つ

pms ヨガ

pmsにヨガが効果的って、ホント?

静かにブームが続いているヨガ。アナタのまわりにも「ヨガのクラスに通いはじめた」という方が多いのでは。

ヨガには、心身のモヤモヤを楽にしてくれる効果があります。

気持ちにもカラダにも症状があらわれるpmsの改善に、ヨガはピッタリだと思いませんか?ヨガを習慣化することで、自然免疫力をアップさせることもできます。

ヨガをはじめる際の注意点や、今日からできるヨガのレッスンなどをまとめてみました。

pmsを改善!ヨガの効果とは

pms ヨガ

「ヨガをすることで元気になるだけでなく、気持ちも穏やかになる」と、ヨガを続けている人の多くが語るように、ヨガは生理前のイライラやむくみ・肩こりなど、pmsの症状全般にも改善効果があります。

【こんなにスゴイ!ヨガの効果とは】

・pmsのイライラ・ピリピリに・・
ゆったりとしたヨガの動きと呼吸で、全身の筋肉・神経がリラックスします。ポーズや呼吸に意識を集中することで、交感神経と副交換神経のバランスが整う効果も。

・生理前のむくみや肩こりに・・
ヨガをすることで血液・リンパの流れがよくなり、むくみや肩こりが解消。背骨や股関節など、カラダの歪みも矯正されます。

・pmsの症状全般に・・
「ホルモンバランスや自律神経の乱れが原因のひとつ」と言われているpms。ヨガはホルモンの分泌をうながして、自律神経を整える効果があるので、生理前の不調にヨガは最適!

それでは具体的に、ヨガをはじめる前に覚えておきたいポイントをみてみましょう。

pms改善にヨガ!効果を高めるポイント5つ

pms ヨガ

早速、ヨガのポーズを試してみたくなりましたか?ヨガの効果を高めるために、おさえておきたいポイントは以下の5つ。

 

(1)朝に行うのがベスト

ヨガをするタイミングとしては、朝、目覚めてすぐがベスト。カラダも気持ちもスッキリするので、1ポーズだけでもやってみましょう。気持よく1日をスタートできます。

朝がベストですが、どの時間帯に行ってもOK。時間が空いたとき、気軽に試してみて。

 

(2)空腹時に行うこと

ヨガは、お腹がカラになっている状態で行いましょう。食事の直後や、食後2時間以内は避けて。はじめる前にトイレに行っておくことも重要。

また、お酒をのんだ後はNG。ヨガにはバランスをとるポーズも多くあります。アルコールが入るとバランス感覚が乱れて危ないので、お酒をのんだら止めておきましょう。

 

(3)はじめる前にはウォーミングアップを

本格的なポーズをとりはじめる前に、必ず体をほぐすウォーミングアップをしましょう。ケガを防ぎ、ヨガの効果を高めます。

足首をクルクルまわしたり、首まわりをほぐしたりして、全身の緊張をとってからはじめましょう。

 

(4)無理はせず、痛くなる前に止める

最初は上手にヨガのポーズをとれないかもしれませんが、無理はしないように。ポーズをとる際に、痛みを感じる手前で動きを止めて、余分な力をスッと抜くようにしてみて。筋肉の緊張がほどけるハズです。

はじめは体が固くて当然。ヨガを続けるうちに、だんだんと柔軟性もアップします。最初から無理をして体にストレスを与えないように。

 

(5)動きはできるだけゆっくりと

ヨガの動作は、できるだけゆっくりと行いましょう。筋肉や腱を最大限にのばし、収縮させることができます。反動をつけて動くことは厳禁。カラダを痛める可能性があります。

ポーズを完成させたら、しばらくその姿勢を保ち、自然な呼吸を続けましょう。息を止めてしまわないように注意。


ウォームアップヨガ(動画・23分)


1日の疲れをとる夜のヨガ(16分)

pms改善にヨガ!・・まとめ

pmsの改善にも最適なヨガ。その効果を高めるポイントなどを見てきました。

ヨガの効果をアップする5つのポイント

・行うタイミングは朝がベスト
・食後2時間はさけ、空腹時に行うこと
・はじめる前にウォーミングアップを
・無理はせず、痛くなる前に止める
・動作はゆっくり、自然な呼吸を

心身のモヤモヤを解消してくれるヨガは、カラダにも心にもトラブルが起きるpmsの改善にピッタリ。

ウオーキングやジョギングのように外出する必要もなく、自分の部屋で手軽にできるのもメリット。場所をさほどとらないのもいいですね。

本格的にレッスンを受けに行くのもよさそうですが、you tube にもレッスン動画が充実しています。1日に5分だけでも続けていくと、カラダに嬉しい変化があるかも。

気分が落ち込んだとき。イライラするとき。体調が悪い時・・ただじっとしているのではなく、覚えたポーズのひとつでも試してみませんか。

執筆者:さつき

コメントを残す