pmsに「ルビーナめぐり」って、効果があるの?

pmsに「ルビーナめぐり」って、効果はあるの?

武田薬品から発売されている「ルビーナめぐり」は、漢方由来の市販薬。「疲れやすく、冷えやすい方の生理痛やむくみ、頭重感」に効能があります。

・pmsにも効果はあるの?
・口コミの評価はどんな感じ?
・副作用は大丈夫なの?

「ルビーナめぐり」の効果や副作用、実際に試してみた方の口コミなどをまとめてみました!

pmsにルビーナめぐりって効くの?

pms ルビーナめぐり

「ルビーナめぐり」

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)に人参を加えた処方
・生理痛・むくみ・頭重など、「冷え」からくる不調の緩和に

 

15才以上・・1回3錠・1日3回
60錠・1300円(税抜き)/120錠・2300円(税抜き)

 

1粒あたり
60錠タイプ・・約22円/120錠タイプ・・約19円

1日あたり(9粒分の価格)
60錠タイプ・・約198円/120錠タイプ・・約171円

《効果効能》

血のめぐりを促進・・カラダを温めます
水のめぐりを促進・・体内に停滞している水を排出します
胃腸の働きをサポート、カラダの芯からあたためます

・むくみ、冷え症、肩こりや腰痛に
・生理痛、生理不順、生理異常に
・更年期障害、めまい、立ちくらみに

ルビーナめぐりは「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」という漢方がベースになっています。当帰芍薬散とは、応用範囲がとても広く、婦人系のお悩みによく用いられるお薬。

頭痛・頭重、めまい、肩こりや腹痛、月経不順や月経困難、むくみや足腰の冷えだけでなく、しびれ、神経痛などの改善にも処方されます。

pmsにルビーナめぐりを飲んでみた口コミ

pms対策に「ルビーナめぐり」を試してみた方の口コミを、大手掲示板などからピックアップしました。

「効果アリ!飲み続けたい!」口コミ

生理前のイライラが落ち着いてきたような気がします。飲むとカラダがあったかくなるので、冷えにも効いているようです。

「むくみやpmsに効く」ときいて服用してみました。体のだるさやむくみが、明らかに軽くなります。漢方特有の匂いと粒の大きさが気になりますが、リピ決定です。

薬剤師の方におすすめされて、飲み始めました。トイレの回数が増えて、むくみも軽くなったような・・。飲み始めてから、朝起きるのがちょっと楽になりました。

「ルビーナめぐり」を飲んだところ、カラダがぽかぽかと暖かくなり、冷えやむくみが楽になりました。生理前のイライラ感も軽くなったような気がします。

「リピはないかな・・」という口コミ

私には効きませんでした。むくみにもpmsにも改善効果がみられませんでした

飲んでみたところ、2ヶ月とまっていた生理がきました。顔色も少しよくなったみたいですが・・胃に少しくる感じがして、それが気になっています。

イライラとか不眠に効くと薬局できいてお試ししましたが、私にはあわなかったようです。「命の母」のほうが効果を感じました。そして「命の母」より値段が高い・・

「pmsやむくみ、イライラ感に効果があった!」という方もいれば、「効果が実感できなかった・・」「胃腸の調子が悪くなった」という方も。

「値段が高い!」という意見もあります。ルビーナめぐりは1日あたりのお値段が200円弱なので(1日9粒飲んだ場合)確かに安くはありませんね。それでも効果を感じている方には、手放せない常備薬になっているようです。

pmsにルビーナめぐり、副作用は大丈夫?

ルビーナめぐりの副作用はあるのでしょうか。

ルビーナめぐりのベースになっている漢方処方は「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」。カバーする症状の広いメジャーなお薬ですが、次のような副作用の可能性があります。

当帰芍薬散の副作用

・胃腸の弱い人は、腹痛、下痢、嘔吐などが起きる可能性があります。

(妊娠中の方、妊娠している可能性のある方、薬で過敏症を起こしたことのある方は、あらかじめ薬剤師に相談してから服用を)

漢方では、患者の証(しょう)をみて、どの薬を処方するかを決めますが、その証にあっていない薬を服用した場合、不調があらわれます。そして証にあっていない薬による不調は、「副作用」ではなく「誤治」であるとされます。

ちなみに、当帰芍薬散がむくタイプとは・・

・やせ気味で、顔色の悪い人
・冷え症・貧血の傾向がある人
・体力がなく、疲れやすい人

同じpmsの「イライラする」という症状でも、

・体が弱くのぼせ傾向、精神不安のある方には・・
「加味逍遥散(かみしょうようさん)」

・比較的体力があり、便秘気味な方には・・
「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」

・・といった具合に、処方される漢方が変わってきます。当帰芍薬散がアナタの体質にピッタリとあえば、「ルビーナめぐり」は副作用もなく、手放せない常備薬になるのでは。

pmsにルビーナめぐりは効くの?まとめ

ルビーナめぐりがpmsに効果があるかどうか見てきました。

・「当帰芍薬散」がベースになっている漢方製剤。
・効能は、生理痛やむくみ、体の冷えなど
・pms対策に飲んでいる人も多く、イライラ感の改善を感じている人も

・1日3回・1回3錠(1日9錠)服用のこと
・60錠入り・・1300円/120錠入り・・2300円

「ルビーナめぐり」より、同じように漢方処方の女性保健薬である「命の母」のほうが効く、という意見もありました。

ちなみにお値段を比較すると・・

ルビーナめぐり 
1粒・・22円/1日あたり・・198円(60錠入りボトル)
1ヶ月あたり・・5960円

命の母(ホワイト) 
1粒・・13円/1日あたり・・156円(1日12錠)(84錠入りパック)
1ヶ月あたり・・4680円

(ルビーナめぐりは1日9錠ですが、命の母は1日12錠。飲む量が多いですね・・)

体質改善も期待できる漢方のお薬。飲み始めたら、体の調子がどう変化したかをしっかりチェックを。アナタの体にあうこと、pmsがラクになることが一番大事です!

漢方の生薬をしっかり配合したpms対策サプリもおすすめ。体質を選ばず飲むことができて、飲む量も1日1粒~2粒。お値段も「ルビーナめぐり」よりおトクです!
 

執筆者:さつき

コメントを残す