pmsに漢方「桃核承気湯」って効くの?

pms 漢方 桃核承気湯

pmsに漢方「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」は効果があるの?

pmsの症状を緩和する漢方のひとつに「桃核承気湯」があります。pmsだけでなく、生理不順、生理困難、更年期障害にもよく使われるお薬です。

・桃核承気湯はpmsのどんな症状に効くの?
・どんな体質の人に向いているの?
・副作用は大丈夫?

「桃核承気湯」の薬効や副作用、使用上の注意などをまとめてみました!

pmsに漢方「桃核承気湯」どんな症状に効果があるの?

桃核承気湯は、「血」のめぐりが悪くなって滞っている状態(=瘀血・おけつ)を改善するお薬。月経不順や更年期障害、のぼせや頭痛だけでなく、高血圧に伴ってあらわれる症状などを緩和します。

 

「桃核承気湯」こんな症状に

・月経不順、月経困難
・イライラ、精神不安
・更年期障害、のぼせ感
・動悸
・便秘
・高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こりなど)
・腰痛、坐骨神経痛
・動脈硬化
・にきび、湿疹、しみ

pmsのこんな症状に

・イライラ、不安感、不眠
・頭痛、めまい、のぼせ
・肩こり、足腰の冷え

応用範囲の広い「桃核承気湯」ですが、どんなタイプの人にむいているのでしょうか。

「桃核承気湯」が向くタイプとは

桃核承気湯は、比較的体力のある方むけの薬で、のぼせのある方、不安感のある方に向いています。血行をよくし、上半身ののぼせや冷えを緩和します

「桃核承気湯」が向くタイプ

・比較的、体力がある方、体格のよい方
・のぼせがある方、興奮しやすい方
・不眠・不安感のある方
・下腹部を押してみると、痛みがある人

胃があまり丈夫でない人が服用すると、腹痛、下痢などの症状が起きることがありますので要注意。

pmsに漢方「桃核承気湯」副作用は大丈夫?

体力のある方、しっかりした体格の方にむいている「桃核承気湯」。この薬を服用することで、どのような副作用の可能性があるのでしょうか。

桃核承気湯で起きる可能性のある副作用

・皮膚症状・・・発疹、かゆみなど
・胃腸障害・・・下痢、食欲不振、腹痛など

桃核承気湯と一緒に、他の漢方の薬を飲む場合は、必ず、お医者さんや薬剤師に相談を。併用することで、配合されている生薬が重なった場合、副作用が起きる可能性があります。また、次のような方は、服用にあたって注意が必要です。

桃核承気湯の服用に注意がいる方

・体力が落ちている方
・胃腸が弱く、下痢をしやすい方
・病気の治療で、食塩の制限をしている方
・妊娠中の方、妊娠している可能性がある方

「桃核承気湯」副作用の危険のある生薬とは

桃核承気湯は、パワフルな薬効がある一方で、副作用を起こしやすい生薬をいくつも配合しています。配合されている生薬の内訳を見てみましょう。

桃核承気湯に配合されている生薬

桃仁(とうにん)、甘草(かんぞう)、大黄(だいおう)、桂枝(けいし)、芒硝(ぼうしょう)

・大黄(だいおう)・・下剤作用があります
副作用:下痢、腹痛
子宮を充血させたり、収縮させる作用があるので、妊婦の方は注意を

・芒硝(ぼうしょう)・・下剤作用があります
副作用:下痢、むくみ
便秘などの治療に使われる、一種の緩下剤(下剤)です。

・甘草(かんぞう)・・解毒作用、肝機能強化作用、抗アレルギー作用
副作用:血圧の上昇、脱力感、むくみ
高血圧の方、心臓・腎臓病の方は注意を

 

どの薬にも言えることですが、飲んでみても改善効果がみられない場合、「効かないかも・・」と思いながら飲み続けることはNG。飲むのをすぐに中止して、お医者さんや薬剤師に相談してみてください。

また、長い期間にわたって服用する場合は、血圧や血清カリウム値などの測定の検査を受けるように指示されることがあります。

 

pms 漢方 桃核承気湯

ツムラ「桃核承気湯エキス・顆粒」24包
価格:2700円
用法:1日2回・1回1包

第2類医薬品なので、ネットで手軽に買うことができます。ツムラ以外の製薬メーカーからも販売されています。

>ツムラ漢方 桃核承気湯を楽天でチェックしてみる

>ツムラ漢方 桃核承気湯をAmazonでチェックしてみる

pmsに漢方「桃核承気湯」その効果は?・・まとめ

pmsや月経障害に使われる漢方のひとつ「桃核承気湯」について見てきました。

桃核承気湯がカバーするpmsの症状

・頭痛、めまい、のぼせ感
・イライラ感、不安感、不眠
・肩こり、足腰の冷え

「桃核承気湯」が体質にあう方とは

・体格がしっかりした方、体力がある方
・のぼせ、興奮がある方
・不安感、不安傾向のある方
・下腹部を押すと痛みがある人

桃核承気湯は、わりと体力のある方にピッタリな漢方。胃腸が弱い方が服用すると、下痢や腹痛を起こす可能性もあるので要注意です。

なにせ下剤成分である「大黄(だいおう)」「芒硝(ぼうしょう)」が含まれていますからね・・便秘でお悩みの方にはピッタリかもしれません。

便秘がよくなることで、肌トラブルが改善されることから、ニキビの治療にも使われています。桃核承気湯が体質にあえば、pmsの改善だけでなく、お肌ツルツルになれるかも・・?

女子たるもの、血・気・水のめぐりをよくして、出すものは出して、生理前でも気持ちよく過ごしたいものですね・・!

執筆者:さつき

コメントを残す