pmsの治療に使われる低用量ピルってどうなの?

pms 治療 ピル

pmsの治療に、ピルはよく使用されますが、ピルって実際にどんなものなのでしょうか。

「要するにピルって、避妊のためのクスリでしょ?どうしてpmsの治療に使われるの?」
「ピルの副作用が気になるんだけど・・どうなの?」

その疑問はごもっとも。
実際に病院に行ったり、服用してみたりする前に、ピルについて知っておくと安心ですね。

そこで、pmsの治療に使われる、ピルのあれこれをまとめてみました!

pmsの治療にピルが使われるのは・・ナゼ?

主にpmsの治療に使われるピルは、「低用量ピル(低用量経口避妊薬)」。読んで字のまま、避妊したい時などに使われるおクスリになります。

低用量ピルには、2種類の女性ホルモン剤、「プロゲステロン」と「エストロゲン」が含まれています。

・ピルで「エストロゲン」と「プロゲステロン」を毎日摂取すると・・

→体内の女性ホルモンが、妊娠中の女性と同じ状態になる
→妊娠してしまうと、もう体内で卵を作ったりする必要がなくなる
→そのため、「排卵」もストップする

そもそもpmsは、女性ホルモンのアンバランスによって起きるもの。こうして排卵を止めることで、ホルモンの変動を小さくして、pmsのツラい症状をおさえるのです。

ちなみに、排卵を止めますが、生理も止めてしまうワケではありません。服用を休んでいる間に生理がきます。またピルの服用を中止すると、だいたい3ヶ月程度で排卵も再開すると言われています。

pmsの治療│低用量ピルの種類と飲み方

低用量ピルには「21日型」と、「28日型」という2種類があります。

21日型・・21日間・ピルを連続して服用、7日間・服用をお休みする
(服用をやめている間に、生理が来ます)

28日型・・休む期間もなく、28日間続けて服用する

ピル28日分のうち、21日分は本物のピルで、残り7日間はピルではない「偽薬」。この偽薬を飲んでいる期間に生理が来ます。

どうして7日間、ニセモノの薬を飲むかというと、薬を飲んでいない期間があると、服用を再開したとき、飲み忘れてしまうことが多いからです。偽薬は、毎日欠かさず薬を飲む習慣を定着するためなのです。

どちらのタイプの低用量ピルも、1日1回、毎日決まった時間で飲むだけでOKです。

pmsの治療│ピルの副作用って?

「pmsの症状をおさえるとはいえ、排卵を止めてしまうなんて、ピルって強い薬なの?副作用は大丈夫なの?」

以前のピルは、含まれるホルモン剤の量も多かったため、副作用もあったようですが、現在のピルは副作用を軽くするため、ホルモン剤の量を少なくしてあります。だから「低用量ピル」なのです。

とはいえ、現在のピルでも、副作用がないワケではありません。

ピルには黄体ホルモン「プロゲステロン」も含まれているので、個人差はありますが、pmsの症状が悪くなる場合もあります。

ピルのメリットとデメリット

ピルのメリット

・ホルモンバランスが整うため、pmsの症状が軽くなる
・生理痛が軽くなり、経血の量が少なくなる
・子宮内膜症の予防になる、悪化をふせぐことができる

ピルを服用することで、子宮内膜が厚くならないうちに生理が来ます。そのため、子宮内膜症の予防ができます。子宮内膜症の治療のためにピルを飲んでいる方もいます。

ピルのデメリット(副作用)

・体がピルに慣れるまで、さまざまな症状がでる場合がある
(頭痛、めまい、吐き気、体のダルさ、むくみ、乳房の張り・・など)

・血液を固める働きがあるため、血栓ができるリスクがある
(処方してもらう病院では、安心して使えるように、血液検査を行うところも)

・健康保険がきかないので、全額自費になる

めまいや吐き気などといった症状は、1~2ヶ月ほどでおさまることが多いようですが、個人差はあるようです。

ピルのお値段&処方されるまで

病院(婦人科)でピルを処方してもらう場合、診察を受ける必要があります。

ピルが処方されるまで

・問診
・婦人科チェック
(超音波検査、子宮ガン検診、血液検査など)
・ピルの飲み方の説明を受ける

平均的なピルのお値段

1ヶ月分(1シート):2000円~3000円ほど
(※病院によって違いがあります)
(これとは別に、診察代がかかります)

pmsの治療に使われるピルって・・まとめ

pmsの治療目的で使う低用量ピルについてまとめてみました。

pmsの治療に使われる「低用量ピル」とは

・「エストロゲン」と「プロゲステロン」からなるホルモン剤
・体内の女性ホルモン環境を、妊娠状態にして、排卵を止める
・女性ホルモンの変動を小さくして、pmsの症状をおさえる

低用量ピルのメリット

・ホルモンバランスが整う→pmsの緩和に
・生理痛が軽くなる
・子宮内膜症の予防、治療ができる

低用量ピルのデメリット

・頭痛、めまい、倦怠感やむくみ、吐き気などの症状がでることがある
・血栓症になるリスクが高くなる
・健康保険がきかないため、薬代がかかる
(よく使われる平均的なピル:月に2000~3000円程度)

「いくらホルモンバランスを整えるためとはいえ、排卵をとめちゃうのはね・・」

・・と、ピルの服用に抵抗がある場合は、漢方薬を処方してもらったり、サプリを飲んだりするのも、ひとつの手です。

アナタの体質と相談して、pmsを治療するベストな方法を見つけてね!

執筆者:さつき

コメントを残す