pmsにピルは効かない!?気になるピルの、ホントのところ

pms ピル

pmsで病院を受診すると、よく「低容量ピル」が処方されますが‥正直なところ、飲むのに不安や抵抗はありませんか?

・ピルって避妊薬なのに、どうしてpmsに処方されるの?
・副作用がありそうで怖い!
・「太る」とか「効かない」って、ホント?

低容量ピルにはメリットもあれば、デメリットもあります。効果や種類、保険が適用されるかなど、まとめてみました。

pmsにピルは効かない?

「pms対策でピルを飲んでるのに、効かない」という口コミもチラホラ聞かれますが・・実際のところはどうなのでしょう。

ピルは体質にあう・あわないのある薬です。
飲むことでpmsがラクになる人もいれば、イライラ感が強くなったり、吐き気が続く人もいます。

「体質にあわなければ効かない」というのは、どの薬でも同じこと。「ピルは効かない?」と不安に思う前に、まずはその仕組みや効果について見てみましょう。

pmsで使われるピルの効果

b02 
「ピルって要するに、避妊薬だよね・・
一体どうして、pmsの治療に効果があるの?」

 

pmsの治療に使われる「低容量ピル」には、女性ホルモンに似た2種類の合成物質が含まれています。

【ピルに含まれる2つの合成物質】
・卵胞ホルモン「エストロゲン」に似た「エチニルエストラジオール」
・黄体ホルモン「プロゲステロン」に似た「プロゲストーゲン」

 

【ピルを服用すると・・】
→卵巣でエストロゲン・プロゲステロンを作らなくても、ピルから補充される
→妊娠中と同じ女性ホルモンの状態になり、排卵が止まる
→ホルモン量が一定に保たれる
→ホルモンの急激なアップダウンから起きる不調(=pms)が緩和される

排卵が止まるため、避妊の薬としても使われますが、その効果は避妊やpmsの緩和だけではありません。

【ピルの主な効果】

・pms(生理前の不調)の改善
・生理周期が規則的になる
・生理痛が軽くなる
・経血が少なくなる
・貧血が改善される
・肌荒れやニキビなどが緩和される

・更年期障害の症状を和らげる
・子宮内膜症の進行・再発を抑える
・骨粗しょう症・子宮体がん・卵巣のう腫の予防

喫煙者は、血栓症や心筋梗塞をおこすリスクが高いので、ピルを飲むことができません。乳がん、子宮頸がん、子宮体がんの人、血栓症になりやすい体質の人も、ピルはNG。

飲み方は、1日1回、1錠を服用。
ピルには、「21日型」「28日型」の2種類があって、「21日型」は3週間飲んだら、1週間服薬を休みます。「28日型」は休薬期間もなく、飲み続けます。

「21日型」と「28日型」の違い

「21日型」・・3週間飲んだあと、1週間の休薬期間がある
→服薬を止めている間に、生理が来る

「28日型」・・休む期間もなく続けて服用する
→3週間分が本物の薬で、1週間分は偽薬。偽薬の期間中に生理が来る
→休薬期間があると飲み忘れが多いため、服用の習慣を続けるために偽薬を飲む

ピルは、薬局などで個人的に買うことはできません。病院で診察を受け、医師に処方してもらう薬になります。

「pmsにピルが効かない、効果が感じられない」という方は、飲み始めてまだ効果がでていない可能性も。効果があらわれるまでの期間には個人差がありますが、早くて1ヶ月、遅くて3ヶ月ほど。

飲み忘れが多いと、効果がおちる可能性があります。またピルが体質に合わなかったり、副作用が辛くて「効かない!」と感じることも‥。次はピルのデメリット・副作用を見てみましょう。

ピルの副作用で、どんな症状がでるの?

pms ピル 副作用

ホルモンバランスを人工的な方法で調整するピル。症状がラクになる場合もありますが、副作用が出たり、症状が悪化するケースもあります。

飲み始めて最初の1ヶ月は、卵巣で作られていた女性ホルモンがピルのホルモンに置き換わるので、体内のホルモンバランスがガラッと変わります。そのため副作用として、不正出血などが起きることも。

【副作用で起きる症状】
・吐き気
・乳房の張り、むくみ
・頭痛、めまい
・少量の不正出血

※血栓ができやすくなるというリスクも
→そのため、処方してもらうためには、血液検査が必要になります

 

【副作用の対処法】
・処方した医師に相談をする
→飲む量を減らす
→飲む回数を減らす
→ホルモン量の少ないタイプに替える・・など、医師が判断・指示をする

副作用は2~3ヶ月もたてば安定することが多いようです。強く副作用が出る方もいれば、まったく副作用を感じない方もいます。

ピルを飲むと太る!の真実

ピルの副作用として、「太る!」とよく言われますが・・それはホルモンの状態が「妊娠中」と同じになるため。

ホルモンの変化により・・
→妊娠中と同じように食欲が出て、食べ過ぎて太る
→妊婦と同じように、脂肪を蓄えやすくなる
→むくみが起きて、太った印象になる

 

太るのを回避するために
・食べ過ぎないように意識する
・適度な運動やマッサージで、むくみを防止・解消する

食欲やむくみが出る方もいれば、何の症状も出ない方もいます。食欲がなくなって、逆に痩せる方も。ただ肝機能にトラブルがある場合、大幅に太るという可能性もあります。

ピルに含まれる「プロゲステロン」は、自然に卵巣で作られるものとは違って、太る・むくむ・ニキビが出るなどの「男性化作用」が出るとも言われています。カラダにあわないと思ったら、処方した医師に相談を。

ピルは市販されていないので、手に入れるためには医師の診断・処方箋が必要になりますが、保険は適用されるのでしょうか。そして気になるお値段は?

pmsのピルにも保険がきくの?

pms ピル 保険

ピルは「避妊できるおクスリ」だけあって、ちょっと微妙なポイントもあります。

「月経困難症」などの治療目的で処方してもらう場合、健康保険が適用されますが、「避妊目的」「美容目的」だと保険適用外になります。

pmsでも保険が適用されてよさそうなものですが・・(治療なんだから!)現時点だと保険は適用されません。

pmsのピルは、保険適用される?

月経困難症・・保険適用
pms(月経前症候群)・・保険適用外

保険が適用される・されないの線引きは曖昧なことも。
医師に「pmsの治療目的なので、保険が適用される種類のものを出してもらえませんか?」と相談してみてもいいかもしれません。

pmsと同時に、「月経困難症」などの症状もある場合は、医師にその点を伝え、保険適用になるものを処方してもらうのもアリ。また、「低容量ピル」は保険外だけれど、「中容量ピル」なら保険がきくという場合もあります。

保険適用のピル、どんな種類があるの?

それでは保険適用になるものには、どんな種類があるのでしょうか。「ピル」と一口に言っても、種類も容量のさまざまあり、そのなかの一部が保険適用となります。

【ピルの種類と容量】

・低容量ピル・・エストロゲン量30~35μg(OC=Oral Contraceptives)
・中容量ピル・・エストロゲン量50μg
・高容量ピル・・エストロゲン量50μg以上
・エストロゲン剤
・プロゲステロン剤

ホルモン量の少ない「低容量ピル」が、女性ホルモンを一定に保つ働きから、pmsの治療などに使われます。保険適用のものもありますが、種類は限られています。

一方「高容量ピル」などは、女性ホルモン量が急に少なくなるために起きる不調(=更年期症状)の緩和や「ホルモン補充療法(HRT)」に使われます。こちらはほとんどが保険適用。

保険が適用される低容量ピル
ルナベル

保険適用外の低容量ピル
オーソ、マーベロン、ノリニール、シンフェーズ、アンジュ、トライディオール、トリキュラー

 

保険適用でない「オーソM」と「ルナベル」は、成分がほぼ一緒。「ルナベル」は子宮内膜症の治療薬として保険が適用されますが「オーソM」は保険適用外。ただ「ルナベル」は薬価が高いので、保険適用外のもの方が安くなることもあります。

気になるお値段は?

ピルの値段(おおよその目安)

1ヶ月分(保険適用外)3000円前後
(保険が適用されると)1000円前後

ジェネリック医薬品には、低価格のピルもあります。取り扱いがあるかどうか、医師に相談してみましょう。日本では未認可のピルを個人輸入するという手もありますが・・その場合は、個人の責任で!

pms対策に・・ピル以外だと何がある?

pms ピル以外

「pmsを治療したいけど、妊娠希望!避妊のクスリなんて飲めない・・」という時は。ピル以外の薬やサプリなどで対策するのもアリ。

ピル以外で考えられるモノとしては、漢方薬やpmsサプリ。どちらも効き目が穏やかですが、副作用が少ないというメリットも。ピル以外の選択肢を見てみましょう。

pmsに処方される漢方

カラダ全体のバランスを整える働きのある漢方の薬。女性ホルモン量を人工的にコントロールする「ピル」とは違って、体質そのものの改善が期待できるのが大きなメリットです。

漢方の薬は、アナタの体質や症状にあわせて、選んで処方されます。数多くある漢方の中から、ピッタリと体質にあうものを自己判断で選ぶのは難しいので、病院や漢方専門医に処方してもらうのがベター。医療用漢方には、保険が適用されます。

《参考記事》
>pmsには、漢方がジワジワ効くってホント?

pmsを改善するサプリ

「病院を受診するのは面倒だけど、何かpms対策したい」という方には、pmsを改善するサプリメントがオススメ。病院へ行かなくても、ネットで手軽に買うことができます。

ピルのように副作用の心配もなく、漢方薬のように「体質にあわなければ効果が実感できない」ということもありません。安心して飲み続けられるのがpmsサプリの大きなメリット。

pmsの医薬品として有名な「プレフェミン」と同じ有効成分「チェストベリー」を配合したサプリもあるので、医薬品レベルの効き目が期待できます。穏やかに不調を和らげ、「いつの間にか症状がラクになっている!」と口コミでも人気。

《参考記事》
>PMSサプリメントを買う前に!覚えておきたい選び方のコツ

即効性がない方法が、一番の近道だったりする

pms ピル

pmsに多く処方される「低容量ピル」について見てきました。

仕組みと効果
・ピルは女性ホルモンが含まれたホルモン剤
・飲むと妊娠中と同じホルモン状態になり、排卵が止まる
・ホルモン量が一定になるため、pmsが緩和される
・避妊だけでなく、pms、更年期障害などを緩和する効果が

副作用
・吐き気や頭痛、めまい、むくみ、乳房の張り、不正出血など
・血栓ができやすくなるリスクも

・低容量ピルに基本的に健康保険は適用されない
・「月経困難症」などの治療目的では、健康保険が適用
・妊娠を希望するなら、漢方薬やサプリなども検討して

低容量ピルは「即効性がある」と言われていますが、ホルモンを人工的にコントロールする薬です。アナタの体にあえばpmsがラクになる可能性も高いけれど、体質にあわないと、効果が感じられなかったり、逆に副作用に悩まされたり・・

「ピルを飲むのを止めると、また症状が再開する」というケースもあります。閉経まで飲み続けるのは、ちとツラいかも。それ以外の漢方薬やpmsサプリなどの方法も検討してみて。

「pmsがすぐ改善される!」というワケではありませんが、コツコツと生活改善することも大切。体に優しい食事、適度な運動、そしてコーヒーの飲み過ぎには注意。カラダに無理なく、カラダに優しく・・それが一番大事だったりするのです。

執筆者:さつき