pmsの市販薬、効果のあるものはどれ?

pms 市販薬 効果

pmsの市販薬で効果のあるものをお探しのアナタ。

「とにかく生理前の絶不調をなんとかしたい!」と思っても、どんな薬を選んだらいいか迷いますね。

そこで、管理人が実際にいくつか試した経験や、pmsに悩む口コミを参考に、pmsに効果が期待できる市販薬3つと、婦人系の漢方薬として有名な「三大漢方婦人薬」をまとめてみました。

薬局で、ドラッグストアで、お薬選びのご参考に!

pmsの市販薬・効果の見込める3つの医薬品

口コミなどで総合的に判断して、やはり好評なのが「命の母」。昔ながらの市販薬で、漢方由来の処方です。女性ならではの症状を全般的にカバーしています。

(1)命の母ホワイト

pms 市販薬 効果

小林製薬が販売している「命の母」。100年以上も前から「全ての女性を健康に」との思いで創られ、今でも売れ続けているロングセラー市販薬です。

「命の母A」と「命の母ホワイト」の2種類がありますが、pmsを改善したいなら、ダンゼン「命の母ホワイト」。

>命の母ホワイトを楽天でチェックしてみる

>命の母ホワイトをAmazonでチェックしてみる

 

命の母A:40~50代女性に
→更年期の不調に

命の母ホワイト:20~40代女性に
→生理痛のほか、pmsなど生理全般の不調の緩和に

 

効果:
11種類の生薬がカラダの血のめぐりを促進、生理に関する不調や冷え症などを解消。他にも、肩こり・めまい・頭痛・腰痛・貧血などにも効果が。

(↑カバーしている不調の種類が多いですね・・体質改善も期待できるかな?)

・180錠/2400円(第2類医薬品)
・1回4錠✕1日3回(食後に服用)

pms専用の市販薬も、最近売りだされましたね。pmsに悩む女性の9割が「不調が改善された」と評価したお薬です。

(2)プレフェミン

pms 市販薬 効果

命の母ホワイトが昔ながらの市販薬なら、プレフェミンは最近売り出したばかりの新しいお薬。pmsの諸症状の緩和を目的とした、日本初の「pms専用」医薬品です。

命の母が漢方処方なのと対象的に、こちらは西洋ハーブ「チェストベリー」が有効成分。ヨーロッパなどで薬効が認められているハーブです。

30錠/1800円(要指導医薬品)
1回1錠✕1日1回(服薬はどのタイミングでもOK)

漢方由来の市販薬をもうひとつご紹介。婦人系の漢方として有名な「加味逍遥散」を配合したお薬です。

(3)加味逍遙散エキス錠S「コタロー」

pms 市販薬 効果

「三大漢方婦人薬」のひとつである「加味逍遥散(かみしょうようさん)」のエキスを配合した市販薬です。

カラダが弱い方、疲れやすい方、不安になりやすいタイプの方の、更年期障害や月経関連の不調に効果を発揮します。

150錠/4100円(第2類医薬品)
1回3錠✕1日3回(食事と食事の間に服用)

pmsの市販薬・効果の見込める「三大漢方婦人薬」

「三大漢方婦人薬」とは、以下の3つの漢方薬のことを指していいます。

・加味逍遥散(かみしょうようさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

本来は漢方医に処方してもらうのがいいのですが、これらの市販薬も薬局で買うことができます。ほとんどが第2類医薬品なので、薬剤師のいないドラッグストアでも購入可能です。

これらの市販薬はいろいろなメーカーからでていますが、ここでは漢方薬の老舗「ツムラ」からでているものをご紹介します。

(1)ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒

pms 市販薬 効果

女性3大漢方薬のひとつとしても有名な「加味逍遙散(かみしょうようさん)」。カラダの血流をよくして、体を温める効果があります。冷えやのぼせ、動悸などを改善、メンタル的な不調にも効果が期待できます。

上記3つの「命の母」などの市販薬の服用は18才以上からですが、ツムラの漢方は2才以上から服用することができます。

>ツムラ漢方加味逍遙散を楽天でチェックしてみる

>ツムラ漢方加味逍遙散をAmazonでチェックしてみる

24包/3500円(第2類医薬品)
1回1包✕1日2回(15才以上)

(2)ツムラ漢方桂枝茯苓丸料エキス顆粒A

pms 市販薬 効果

同じく3大女性漢方薬のひとつ、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」。血が滞りがちな「瘀血(おけつ)」タイプの方に向きます。めまいや頭痛、肩こりなども改善します。

>ツムラ漢方桂枝茯苓丸料を楽天でチェックしてみる

>ツムラ漢方桂枝茯苓丸料をAmazonでチェックしてみる

24包/2500円(第2類医薬品)
1回1包✕1日2回(15才以上)

(3)ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス顆粒

pms 市販薬 効果

3大婦人薬のひとつ「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」。水が滞りがちな「水毒(すいどく)」タイプの方に向きます。めまいや貧血がある方に効果的。

>ツムラ漢方当帰芍薬散料を楽天でチェックしてみる

>ツムラ漢方当帰芍薬散料をAmazonでチェックしてみる

24包/2500円(第2類医薬品)
1回1包✕1日2回(15才以上)

pmsの市販薬・効果の見込めるお薬は・・まとめ

pmsの市販薬で、効果が期待できるもの6種をお届けしました。

・命の母ホワイト
・プレフェミン
・加味逍遙散エキス錠S「コタロー」
・ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒
・ツムラ漢方桂枝茯苓丸料エキス顆粒A
・ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス顆粒

漢方薬だと、飲む人の体質によって選ぶ薬が変わるので、やはり選ぶのが難しいかもしれません。もしどれがいいのか迷ったら、体質を問わず飲むことができる「プレフェミン」を選ぶのもひとつの手です。

また上記のもの以外に、同様の成分が配合されたpms用サプリがネットでも買えるので、気軽に試したいならコチラから使ってみるのもいいかもしれません。

こちらであげたpmsの市販薬を値段ごとに比べた記事もあるので、そちらも参照されてください。アナタの体にあう薬に出会えて、気持ちよく過ごせる毎日がおくれますように。
 


>【価格を比較!】漢方の生薬を配合したpmsサプリ一覧はコチラ

執筆者:さつき

コメントを残す