pmsの薬、プレフェミンの値段はいくら?

pms 薬 プレフェミン 値段

pmsの薬、プレフェミンの値段についてご紹介します。

ゼリア新薬から発売されたpmsの薬、プレフェミン。月経不順やpmsの症状を和らげてくれるハーブ「チェストベリー」を40mg配合している点がウリです。

pmsのお薬として認可されているものは、現時点ではプレフェミンだけですが、同じ量のチェストベリーを配合されているサプリもあります。

プレフェミンとpmsサプリ、お値段的には、どちらがおトクでしょうか?
そこで、プレフェミンとpmsサプリ、お値段と成分を一覧にまとめてみました!

pmsの薬・プレフェミンのお値段は?pmsサプリと値段を比べると?

では、プレフェミンとpmsサプリのお値段・成分をくらべてみましょう。

■プレフェミン

pms 薬 プレフェミン 値段

(画像:プレフェミン公式サイトより引用)

値段 :1800円(税抜き価格)(税込み価格・1890円)
内容量:30錠

用法・用量:1日1回・1回1錠
1錠あたりの価格:63円(税込み価格で計算)

発売元:ゼリア新薬
成分 :チェストベリー乾燥エキス40mg(チェストベリー抽出物として20mg)
(添加物:無水ケイ酸、ヒプロメロース、乳糖、酸化チタン・・などなど)

プレフェミンは、昔から婦人系の不調に使われてきた西洋ハーブ「チェストベリー」を配合しているという点が一番のポイント。

同じくチェストベリーを配合しているサプリもあるので、あわせてお値段を比較してみましょう。

女性のミカタ(すこやか編)
pms 薬 プレフェミン 値段

初回価格:980円(送料無料)
2回以降:1782円(送料無料)

内容量:60粒
用法・用量:1日2粒(就寝前にのむことを推奨)

1粒あたりの価格:初月‥16.3円
(2ヶ月めから‥29.7円)

発売元:アルコ
成分:チェストツリー(40mg)、メロリート(50mg)、ウラジロガシ(100mg)ヒハツ(16mg)

ルナベリー

pms 薬 プレフェミン 値段

初回価格:500円(送料無料)
2回以降:3960円(送料無料)

内容量:30粒
用法・用量:1日1回・1回1錠

1粒あたりの価格:初月‥16.7円(2ヶ月目から‥132円)

発売元:株式会社ミーロード
成分:チェストベリー(40mg)、亜麻仁油(200mg)ビタミンB群、イソフラボン他

めぐルナ

pms 薬 プレフェミン 値段

初回:980円(送料無料)
2回以降:3980円(送料無料)

内容量:31粒
用法・用量:1日1~2粒

1日あたりの価格:128円(税込み価格・1日1粒で計算)

発売元:ココララSHOP
成分:チェストベリー(40mg)、高麗人参、クワンソウ、生姜などの薬草

ちなみに、「チェストベリー」と「チェストツリー」は、呼び方が違うだけで同じハーブのことです。

pmsの薬・プレフェミンの値段とpmsサプリのお値段・・どっちがおトク?

チェストベリーが40mg含まれているという点では、「プレフェミン」とpmsサプリ「女性のミカタ」「ルナベリー」「めぐルナ」ともに一緒。

そこで、「チェストベリーを40mg配合」しばりでお値段を比べてみましょう。

・プレフェミン・・1890円
・女性のミカタ・・980円(2回めからは1782円)
・ルナベリー・・・500円(2回めからは3960円)
・めぐルナ・・・・980円(2回めからは3980円)

サプリの方はお試ししやすいように、初回のお値段がおさえられていますね。そもそもチェストベリーが体質にあうかどうか、サプリで試してみてもいいかもしれません。

「女性のミカタ」は2回めからのお値段もプレフェミンより安いですが、「ルナベリー」「めぐルナ」は2回めからのお値段がちょっとお高めかも?

それでも「ルナベリー」はチェストベリーの他にも、月見草オイル(亜麻仁油)やビタミンB群、イソフラボンも配合しているので、pms対策以外にも嬉しい効果があるかもしれません。

また「めぐルナ」には、漢方の万能生薬「高麗人参」が配合されているため、体質からの改善も期待することができます。

pmsの薬・プレフェミンの値段は・・まとめ

pmsの薬、プレフェミンの値段とpmsサプリの値段をくらべてみましたが、思ったより安かったでしょうか?高かったでしょうか?

pmsの薬「プレフェミン」の値段

【税込み価格】1890円。

チェストベリー40mg配合のサプリの値段

・女性のミカタ・・980円(2回めからは1782円)
・ルナベリー・・・500円(2回めからは3960円)
・めぐルナ・・・・980円(2回めからは3980円)

また、購入する場所についてなのですが、プレフェミンは「要指導医薬品」なので、薬局に行って、薬剤師に指導を受けないと買うことができません。(しかも本人が行かないといけない・・)

それに対して、pmsサプリはネットで買えるので、その点は気軽かもしれません。

主要成分である「チェストベリー」が、そもそもアナタの体質にあうかどうかをお試ししてみたいなら、まずは値段の安いサプリで試してみるのが一番おトクなのでは。

プレフェミンを試してもよし、サプリを試してもよし・・pmsに悩んでいるならトライしてみる価値はあるのでは。アナタのカラダにあったお薬がみつかりますように!
 

執筆者:さつき