更年期、吐き気がするのはナゼ?吐き気の原因と対処法3つ

更年期 吐き気

更年期になって、吐き気などの症状に悩まされていませんか?

吐き気や食欲不振は、更年期によく見られる不定愁訴のひとつ。吐き気にともなって、頭痛やめまいなどの症状があらわれることもあります。

・更年期に吐き気を感じる原因は?
・吐き気・食欲不振の対処法は?
・更年期の吐き気に効果のある漢方薬は?

更年期になって、吐き気やめまい、頭痛などの症状に悩まされているアナタに。吐き気の原因や対処法、漢方薬などについて、まとめてみました。

更年期の吐き気の症状・原因は?

更年期 吐き気 症状

「食欲がなくて、何となく気持ち悪い‥」

吐き気や食欲不振に悩まされる更年期女性は少なくありません。「吐きそうだけど吐けない」「何となく気持ち悪い‥」そんな状態が長く続きます。

更年期の吐き気は、頭痛やめまい、肩こり、寒気、下痢などの症状をともなうこともあります。不快な状態が続くため、更年期の吐き気は妊娠時の「つわり」に症状が似ていると言われています。

一般的な吐き気は、食べ過ぎや食あたりなどで起こる場合が多いのですが、更年期の吐き気は「ホルモンバランスの乱れ」が原因のひとつだと考えられています。

<更年期の吐き気・食欲不振の原因とは>

・女性ホルモン「エストロゲン」が低下する
→自律神経が乱れがちになる
→胃腸の働きが低下、食欲不振になる

更年期になると、女性ホルモン「エストロゲン」が減少し、自律神経のバランスが乱れがちになります。

自律神経のバランスが乱れると、体の各器官に影響があらわれます。胃腸の働きも低下し、嘔吐感などを覚えるようになります。

また緊張やストレスなどメンタル的なことが原因となって、吐き気が起きることもあります。

生理前・生理中に吐き気が続く場合は?

更年期 生理前 吐き気

生理前や生理中に、吐き気の症状に悩まされる場合もありますが、これも女性ホルモンバランスの乱れが関係しています。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類がありますが、生理前には「プロゲステロン」が多く分泌されるようになります。

「プロゲステロン」には、体内に水分をため込む働きなどがあり、生理前になるとさまざまな不調があらわれる「月経前症候群」(PMS)の諸症状を引き起こすと考えられています。
 
更年期 生理前 吐き気
 

生理前・生理中の吐き気や倦怠感、頭痛やめまい、寒気や眠気などの症状は、「プロゲステロン」が原因となって引き起こされると言われています。

また生理前には、局所ホルモン「プロスタグランジン」が分泌され、胃腸などに影響をおよぼすことがあります。

更年期や生理前の不調には、ホルモンバランスを整えて対処したいものですね。それでは「つわり」のように気持ちが悪い吐き気には、どう対処したらいいのでしょうか。

更年期の吐き気の対策方法3つ

更年期 吐き気 対策

更年期の不調で病院を訪れると、ホルモンバランスを整える「ホルモン補充療法」などの治療が行われます。

もし「病院に行くほどではないかな‥」という場合なら、不調を和らげる「セルフケア」で対処してみては?更年期の吐き気などの不調をケアする対策方法3つをご紹介しましょう。

1)大豆製品をこまめに摂取する

更年期 吐き気 対策

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモン「エストロゲン」と似た構造をしています。

女性ホルモンの分泌が低下する更年期は、大豆や大豆製品で「大豆イソフラボン」を積極的に摂って、減少する「エストロゲン」の補充を。

更年期女性は食事で大豆を摂ることで、たくさんのメリットが得られるのです。

<大豆イソフラボンを摂取するメリット>

・更年期の症状の緩和
・骨の健康維持に役立つ
・肌トラブルの改善
・内臓脂肪を減らす働きも

大豆製品といえば、豆腐、豆乳、納豆、煮大豆など。どれもスーパーで手に入り、簡単に調理できる食材ですね。

食欲が無い時には、豆腐の味噌汁や冷奴など、消化のよいレシピで胃腸をいたわってあげましょう。

2)吐き気を抑える効果のある「ショウガ」を

更年期 吐き気 対策

「ショウガ」には、吐き気を抑え、冷えを改善する効果があると言われます。ショウガは漢方薬に「生薬」として多用されている効能豊かな食材です。

吐きそうな感じがして気持ち悪くなったら、すりおろしたショウガを温かい紅茶などに入れ、ゆっくりと飲んでみましょう。

すりおろした生姜をミルクティーにいれれば「チャイ風」に。ココアに入れても美味しくいただけます。

<ショウガを使ったおすすめレシピ>

・豆乳ショウガココア
→温めた豆乳にココアパウダー、ハチミツを加えて温め、飲む直前におろしショウガを加える

・甘酒ショウガ
→温めた甘酒に、おろしショウガを加える

ココアも甘酒も、ショウガを加えることで風味がアップ!食欲不振の時でも、美味しくいただるはず。

3)吐き気を抑えるツボ押しを

更年期の吐き気の対処法として、吐き気を抑えるツボも効果的です。外出時でもすぐに押すことのできる「手にある吐き気のツボ」を2つご紹介しましょう。

更年期 吐き気 対策

内関(ないかん)
吐き気や胃の不快感に効果のあるツボ

ツボの位置
→手首の横シワの真ん中部分から、指3本分下
→指先を押し込むようにして、ツボを押しましょう

更年期 吐き気 対策

関衝(かんしょう)
自律神経を整えるツボで、吐き気・めまいに効果的

ツボの位置
→薬指の外側、爪のはえぎわ
→反対の手の親指・人差し指で指を持ち、人差し指でツボを押します

「内関」も「関衝」も手にあるツボなので、左右同じ位置にあります。両方の手で左右のツボをしっかり押して刺激しましょう。

更年期の吐き気を緩和する漢方薬は?

更年期 吐き気 漢方薬

それでは、更年期の吐き気に効果的な漢方薬には、どのようなものがあるのでしょうか。

漢方医学で吐き気は、「水」の停滞と「気」の不足で起こると考えられます。そのため、胃腸を整えて「水」と「気」のめぐりを改善する処方がされます。

<更年期の吐き気に処方される漢方薬の一例>

「五苓散」(ごれいさん)
→胃腸に滞った水分を体外に排出し、循環を促す効果が。吐き気や腹痛、頭痛を感じる方に

「半夏瀉心湯」(はんげしゃしんとう)
→胃腸の働きを促し、炎症を鎮める効果が。神経性胃炎や過敏性腸症候群など、ストレスからくる胃腸トラブルにも

更年期の吐き気解消に漢方薬を服用するなら、漢方専門医を受診して処方してもらうと確実です。自分の体質や症状にピッタリあった処方がされることで、漢方薬は効果を発揮します。

更年期の不調は、できることからケアを

更年期 吐き気

何かと不調を感じることの多い更年期。嘔吐感や食欲不振が続くと、ストレスを感じてしまいますね。

更年期の吐き気の原因は?
女性ホルモンのアンバランスから、自律神経が乱れがちになるため

更年期の吐き気の対処法
・大豆製品をこまめに摂取する
・吐き気を抑えるには「ショウガ」を
・「内関」「関衝」のツボ押しを

更年期の吐き気を和らげる漢方薬の一例
・五苓散
・半夏瀉心湯など

更年期の不快な症状を抑えるためには、適度な「有酸素運動」が効果的です。自律神経を整えるためにも、ウォーキングなどの運動を心がけて。

ゆっくりと入浴して、体を芯まで温めることも大切です。血流が活発になり、体のすみずみまで血液・水分が行き渡るようになります。

運動・栄養・そしてしっかり休息を摂ることで、更年期の不定愁訴は緩和されるはず!
無理せずできることから、不調をケアするようにしましょう。

執筆者:さつき


2017/09/20 更年期、吐き気がするのはナゼ?吐き気の原因と対処法3つ はコメントを受け付けていません。 更年期の症状