更年期、動悸や息切れがする原因は?覚えておきたい動悸の対処法3つ

更年期 動悸

「更年期、夜中に動悸がして、眠れないことがある」
「急に心臓がドキドキして、息苦しい‥」

運動をしたわけではないのに、動悸や息切れを感じることはありませんか?突然胸がドキドキすると「何か心臓の病気では?」と不安を感じてしまいますね。

動悸や息切れは、更年期によくあらわれる不調のひとつ。めまいやのぼせ、吐き気や発汗などの症状を伴うこともあります。

・更年期、動悸が起こる原因は?
・動悸に効果的な漢方薬は?
・急に心臓がドキドキする時の対処法は?

突然起きる動悸に、不安感を抱えているアナタに。更年期の動悸の症状や、息切れの改善方法などについて、まとめてみました。

更年期、動悸や息切れがひどい‥その原因は?

更年期 動悸 息切れ

更年期になると、女性ホルモン「エストロゲン」が急に減るため、体の各器官をコントロールしている「自律神経」が乱れがちになります。

自律神経は呼吸や心臓の鼓動もコントロールしています。
そのため自律神経が乱れると、動悸や息切れなどの症状を起こしやすくなります。

更年期の動悸は精神的な影響を受けやすく「胸が苦しくなるかも」と不安感を持つことで、症状がひどくなることもあります。また疲労やストレス、睡眠不足なども、動悸を起こす原因になります。

更年期の動悸の特徴は

更年期の動悸は「脈がとぶ感じする」「鼓動が響く感じがする」など、さまざまな特徴があります。それぞれの症状をタイプ別に見てみましょう。

<脈が飛ぶ感じがするタイプ>
→胸が詰まる、脈が飛ぶ感じがする

心臓の鼓動のリズムが乱れ、一拍ほど脈がとぶ感じがするのは、不整脈の一種である「期外収縮」の可能性があります。

「期外収縮」は健康な人にも起きる不整脈ですが、よく起こる場合や、症状が気になる場合、治療が必要になることもあります。

<鼓動が響く感じがするタイプ>
→心臓の音が大きく響くようにドキドキする

不安や緊張を感じた時、苦手な場面にいる時などに、心臓のドキドキが大きく響くように感じるケースもあります。

このタイプの動悸は、精神的なストレス・悩みなどが原因となって起こりやすくなります。

<鼓動が速くなるタイプ>
→安静にしていても、鼓動が速くなる感じがする

じっと安静にしている時でも、心臓の鼓動が速く・小さくなり、めまいがして胸が苦しくなるケース。

このタイプの動悸は、貧血や心臓病などが原因となって起きている恐れがあります。

更年期の動悸や息切れの背景には、高血圧や貧血、ホルモン異常や甲状腺などの病気が隠れている恐れがあります。気がかりな症状があるなら、内科か循環器科の受診を。

動悸が起きた状況を記録・メモ!

いつ動悸が起きるか分からなくて不安な場合は、胸のドキドキが「どんな時」「どんな状況で」起きたかという記録をとっておくと良いでしょう。

・動悸がしたのは、いつ、何をしていた時ですか?
・鼓動が速くなる以外の症状はありましたか?
・どれくらいの間、心臓がドキドキしていましたか?

動悸がした時のメモをとっておくと、自分がその症状を起こしやすくなる状況が分かり、病院を受診する時に医師に伝える手助けになります。

更年期の動悸!覚えておきたい対処法3つ

更年期 動悸 対処法

更年期の動悸・息切れは、精神的なストレスが原因となって起きることが少なくありません。「また苦しくなるかも‥」と不安感を持つことが、ストレスになる可能性もあります。

急に心臓がドキドキしてきた時。どう対処したらいいか覚えておけば、少し気がラクになるかもしれませんね。息苦しい時の対処法や、予防方法についてご紹介しましょう。

1)まずは深呼吸して、安静に

更年期の動悸は、精神的な状態と深い関連があります。急に心臓がドキドキしてきても、まずは落ち着いて、大きく深呼吸を。パニックにならないことが大切です。

座れる場所があれば、その場に座りましょう。家などの場所なら、横になって安静にしましょう。

何かをしている時なら、一旦その作業はストップ。まずは動悸がおさまるまで、安静にして様子を見ましょう。

2)動悸に効果的なツボ2つ

「急に心臓がドキドキして、息苦しい」という時は、動悸を抑える効果で知られる「ツボ」を押してみましょう。ゆっくりと深呼吸をして、気持ちを鎮めながら押すことがポイントです。

更年期 動悸 対処法

・膻中(だんちゅう)
→動悸・息切れ・不安感などを鎮めるツボ

・ツボの位置
胸の中央にある骨と、左右の乳頭を結んだ線が交わる所

更年期 動悸 対処法

・内関(ないかん)
→血行を促し、精神的なストレスを緩和するツボ

・ツボの位置
手のひらの手首の横ジワの中央から、指3本分下

メンタル的な要因の大きい更年期の動悸。「このツボを押せば大丈夫。息苦しいのも治る」と自分に暗示をかけながら、ツボを押してみるのも1つの手かもしれません。

3)動悸を誘発する生活習慣を改める

更年期の動悸は、疲れや睡眠不足、ストレスなどが原因となって起こることが少なくありません。こまめに休息をとったり気分転換をして、疲労やストレスをためこまないように心がけましょう。

喫煙やアルコール、カフェインの摂り過ぎで動悸・息切れなどの症状が誘発されることもあります。「最近よく胸がドキドキする」という時は、節煙・節酒を心がけて。

また更年期の動悸・息切れは、心肺機能が衰えることで感じやすくなります。予防のためには、体に負担をかけない程度の有酸素運動をして、心肺を鍛えることも大切です。

更年期の動悸に効果的な漢方薬は?

更年期 動悸 漢方薬

漢方医学では「気虚」「気逆」「水毒」「血虚」などが原因となって、動悸を引き起こすと考えられています。

そのため、精神的な不安感を取り除き、水分の代謝を促す効能のある漢方薬が多く処方されます。

<更年期の動悸に処方される漢方薬の一例>

「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)
→胸のドキドキの他に、貧血、めまい、肩こり、頭重感のある方に。
冷え、貧血などの婦人系疾患にも効果的。

「苓桂朮甘湯」(りょうけいじゅつかんとう)
→精神不安が強く、不眠気味の方に。余分な水分を排出し、心臓の働きを促します。

漢方薬は自分の体質にあったものを服用することで、効果が発揮されます。できれば漢方専門医を訪れて、体質・症状にあった薬を処方してもらうようにしましょう。

手軽に症状をケアしたい場合、更年期の不調を和らげるサプリメントの服用も効果的。サプリなら、更年期の不快な諸症状を改善する成分を過不足なく摂ることができます

ストレスや疲れをためず、出来るだけリラックス!

更年期 動悸

更年期の動悸・息切れの原因や改善方法を見てきました。

更年期の動悸の原因は
・女性ホルモンの減少による自律神経の乱れ
・精神的なストレス
・疲労や睡眠不足

更年期の動悸の対処法
・深呼吸して安静にする
・動悸を抑えるツボを押す
・ストレスや疲れをためない
・節煙・節酒を心がける
・無理のない範囲で心肺を鍛える

更年期の動悸の辛いところは、「気のせいじゃないの?」などと、周りに理解されないことかもしれません。

気になる症状があるなら、早めに医療機関の受診を。
検査をして問題がなければ「何かの病気かも」という不安感から自由になることができます。

異常が見つからなかった場合、「心臓も少し疲れてきたのね」と前向きに考え、セルフケアで体調を整えるようにしましょう。

執筆者:さつき


2017/09/26 更年期、動悸や息切れがする原因は?覚えておきたい動悸の対処法3つ はコメントを受け付けていません。 更年期の対処法