更年期のダイエット、成功の秘訣は「ストレスケア」にあり!

更年期 ダイエット

「更年期のダイエット、成功させるコツは?」

太りやすく、なかなか痩せられない更年期。「ダイエットしなくちゃ!」と思い立っても、なかなか結果を出せずにいませんか?

ダイエットするには普段の食生活を見直す必要がありますが、ガマンばかりではストレスがたまりますね。せっかくダイエットできても、ストレスから過食、リバウンド‥ということも。

それでは更年期のダイエットを成功させるには、どんな方法が効果的なのでしょうか。

・更年期のダイエットを成功させるコツは?
・つい食べ過ぎてしまうのは、ナゼ?
・更年期のストレス太りを回避するには?

更年期はイライラしたり、憂鬱な気分になりやすい時期。ストレスから、つい食べすぎてしまうこともありますね。前向きな気持ちでダイエットするためのヒントを、まとめてみました。

更年期のダイエットを成功させるには?

更年期 ダイエット 成功

体にさまざまな変化があらわれる更年期。「ダイエットしても効果が出ない」「食べすぎてないはずなのに、痩せない」ということもありますね。

更年期は代謝パワーが落ち、摂取したエネルギーを消費しきれなくなるため、なかなか体重を減らすことができないのです。

<更年期のダイエットが成功しない理由>

・エネルギーを消費する働き(代謝能力)が低下するため
→消費できなかったエネルギーが体に蓄積される

・加齢とともに筋肉量が減るため
→代謝が落ち、カロリーを消費しきれない

・女性ホルモン「エストロゲン」が減るため
→エストロゲンには内臓脂肪を代謝する役割がある

代謝能力が落ちて「摂取カロリー」より「消費カロリー」が少なくなると、余ったエネルギーは体に脂肪として蓄積されてしまいます。

更年期世代が無理なくダイエットするためには、摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やすことが大切。ダイエットの基本として、やはり「食生活の改善」と「適度な運動の習慣」が欠かせません。

・痩せる食生活・食べ方のヒントについて
>更年期‥こんなに太るのはナゼ?太る原因と「痩せる方法」ヒント3つ

・ダイエットに効果的な運動について
>更年期の運動、何から始めたらいい?ヨガやウォーキングのコツは?

また更年期世代のダイエットは、「ストレスケア」も大切です。「つい食べすぎてしまって、ダイエットできない」という場合、ストレスから過食気味になっている可能性もあります。

悩み事や責任の増える更年期世代は、何かと精神的な負担を感じる時期。更年期のダイエットは、適切な食生活や運動だけでなく、メンタル面のケアも必要なのです。

・更年期のイライラ・クヨクヨを和らげるサプリ・医薬品は
>更年期サプリのおすすめは?実力派サプリを徹底比較・ランキング!

更年期のダイエット!「ストレス太り」対策3つ

更年期 太り ダイエット

「ダイエットしたいのに、どうしても間食が減らせない」
「何か食べていないと落ち着かない」
「イライラすると、甘いお菓子を大量に食べてしまう」

ダイエットしたいのに過食してしまう原因の1つに「ストレス」があります。更年期世代は、イライラやうつ気分を抱え込みやすい時期。ストレスから「やけ食い」に走り、つい食べすぎてしまうこともありますね。

たまに「思い切り食べてストレス解消」というのもいいかもしれませんが、それが常習化するのは困りものです。食欲のコントロールができなくなったり、食べすぎたことに罪悪感をおぼえ、さらにストレスを抱えてしまうことも。

それではストレスを抑えて無理なくダイエットするためには、どのような方法があるのでしょうか。気持ちも体調も上向きになる「更年期のダイエット方法」のヒント3つをご紹介しましょう。

1)ダイエットにもストレスにも‥まずは歩こう

更年期 太り ダイエット

ウォーキングやジョギングなど、一定のリズムで行う運動(リズム運動)をすると、脳内物質「セロトニン」が増えると言われます。

「セロトニン」とは、気持ちを安定させ、ストレスに強くなる効果で知られる「幸せホルモン」。セロトニンが不足すると、更年期障害や生理前の不調(PMS)が悪化する可能性があると言われています。

毎日適度な距離を歩く習慣をつけると、ダイエットにも更年期の不調緩和にも効果的です。
つい食べすぎてしまいそうになったら(あるいは、食べ過ぎてしまったら)、少しの距離でも歩きに出かけてみましょう。

2)食べ物で「セロトニン」を増やす

更年期 太り ダイエット

疲れると「甘いものが欲しくなる」ということはありませんか?甘いものを食べると快楽に関わる神経伝達物質「ドーパミン」が分泌されるため、疲れやストレスを感じた時に甘いものが食べたくなるのです。

それでもダイエットのためには、カロリーの高いケーキやお菓子は控えたいもの。同じ食べるならストレスケアできる食材を口にしたいものですね。

幸せホルモン「セロトニン」を増やすためには、必須アミノ酸「トリプトファン」を多く含む食品を摂ることが効果的だと言われます。

<幸せホルモンを増やす食品>

・ナッツ類(アーモンド・ピーナツなど)
・乳製品(チーズ・ヨーグルト・牛乳など)
・大豆製品(納豆・豆腐・豆乳など
・魚類(マグロ・カツオなど)

その他、卵、ショウガ、バナナなど

ストレスから甘いものが欲しくなったら、蜂蜜を加えたホットミルクや、ヨーグルトバナナなど、滋養のあるおやつを摂るようにしましょう。

白砂糖たっぷりのお菓子よりも血糖値の上がり方が緩やかなため、ストレス緩和・ダイエット効果を期待することができます。

3)イライラ・食欲を抑えるツボ

更年期 太り ダイエット

「いつも食べ過ぎてしまう」「食欲を抑えたい」という場合、ダイエットに効果的な「耳つぼ」を刺激することもおすすめです。

耳には100以上ものツボがあると言われが、その中には「食欲を抑えるツボ」なども多くあるため、「耳つぼダイエット」というダイエット方法もあります。

「耳つぼダイエット」でもよく使われる有名なツボ3つをご紹介しましょう。

更年期 太り ダイエット

(1)新門(しんもん)
空腹時のイライラや食べ過ぎを抑えるツボ
耳の上部、内側の中央にあります

(2)飢点(きてん)
空腹感・食欲を和らげるツボ
耳の穴の前、中央のやや下にあります

(3)肺(はい)
食欲を抑える効果で知られるツボ
耳の穴の手前にあります

耳のツボは自分でも押しやすいので、ツボの位置を覚えておくと便利です。触ってみて軽い痛みを感じる場所を、指先で刺激してみましょう。

食欲が暴走しそうな時は、飢点のツボのある「耳のでっぱり部分」を指で強くつまんでみると効果的です。

クヨクヨしない、前向きなダイエットを!

更年期 ダイエット

更年期のダイエット方法や、ストレスからくる過食を抑えるヒントなどをまとめてみました。

<更年期のダイエットを成功させるには>
・普段の食生活を改善する
・運動する習慣をつける
・「ストレスケア」をする

<ストレスを抑えてダイエットするには?>
・ウォーキングなどのリズム運動を
・セロトニンを増やす食材を摂る
・ダイエットに効果的な耳つぼでケア

食欲にまかせて食べてしまった後、「自分は意志が弱いから痩せない‥」「もうダイエットなんて無理」と自己嫌悪してしまうこともありますね。食べすぎた罪悪感から、新たなストレスを感じることもあります。

つい食べすぎたとしても、過ぎたことをクヨクヨ悩むことはありません。

適度に体を動かしたり、ウォーキングをしたり、次の食事の量を減らすなどしてフォローを。ただ悩むより、前向きにダイエットを続けることが大切です。
 

更年期サプリ
>本当に頼れるサプリ・医薬品が5分で分かる!

執筆者:さつき