更年期障害をチェック!更年期の症状を診断する10の質問

更年期 チェック

「なんだか最近、体調が悪い‥更年期のせいかも」
更年期の不調を自覚していても「病院に行くほどではない」と、そのまま放置していませんか?

アナタが今感じている不調が「更年期障害によるもの」なのかどうか、まずはチェックシートで診断してみましょう。

・更年期の不調を診断・チェックする方法は?
・「若年性」更年期をチェックするには?
・心のトラブル「うつ病」のチェックシートは?

更年期の不調は、的確に対処することで改善されます。更年期の心身にあらわれる症状を診断するチェックリストをご紹介しましょう。

更年期の症状をチェック!

更年期 症状 チェック

「毎日だるくて疲れやすい」
「すぐに息が切れて心臓がドキドキする」
「ほてりやのぼせを感じる‥」

アナタがいま感じている症状が更年期障害によるものかチェックするなら、「更年期指数(SMI・簡略更年期指数)」のチェックシートが役立ちます。

「更年期指数」とは、更年期女性(日本人)に多く見られる症状にあわせて開発されたチェックシート。リストの項目に回答することで、更年期女性の不調の重症度をチェック・診断することができます。

まずは以下の「更年期指数チェック」に回答、該当するチェック項目を「強」「中」「弱」「無」の4つに分けて、自己採点してみましょう。

 

<簡略更年期指数チェックシート>

質問
01)顔がほてる 10 6 3 0
02)汗をかきやすい 10 6 3 0
03)腰・手足が冷えやすい 14 9 5 0
04)息切れ・動悸がする 12 8 4 0
05)寝付きが悪い、または眠りが浅い 14 9 5 0
06)怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0
07)くよくよしたり、憂鬱になることがある 7 5 3 0
08)頭痛・めまい・吐き気がよくある 7 5 3 0
09)疲れやすい 7 4 2 0
10)肩こり・腰痛・手足の痛みがある 7 5 3 0
<更年期指数チェックリストの診断評価>

・0~25点
更年期の異常はありません。今までの生活習慣をそのまま続けて大丈夫でしょう。

・26~50点
運動・食事の内容に注意し、無理をしないように気をつけましょう。

・51~65点
婦人科や更年期外来などを受診し、薬物療法・生活指導を受ける方がいいでしょう。

・66~80点
婦人科や更年期外来などを受診し、計画的な治療計画を立てて改善を試みましょう。

・81~100点
医療機関で精密検査を受け、専門医のもとで計画的な治療を行いましょう。

更年期チェックシートの点数が高いほど、更年期障害の症状が「重症である」と判定されます。

しかしチェックシートの合計点が低かったとしても、油断は禁物。重い症状を1つでも自覚しているなら、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

「ホットフラッシュ」やめまいなど、更年期障害特有の症状を緩和するためには、婦人科あるいは更年期外来の受診を。

<病院で行われる更年期障害の検査方法>

・問診、内診および身体測定、血液検査を実施
・血液検査では女性ホルモンの血中濃度を測定
・費用:保険適応で5000円程度が目安

・更年期障害の検査方法をチェックする
>更年期の検査について│検査方法や費用、婦人科の受診の流れは?

<更年期障害の治療方法>

・ホルモン補充療法(HRT)
→年齢とともに減少する女性ホルモンを補う治療
→治療費の目安:月2000円~程度(自己負担3割)

・漢方薬による治療法
→更年期特有の「不定愁訴」を軽減する効果が
→治療費の目安:月3000円~程度(自己負担3割)

・更年期障害の治療方法をチェックする
>更年期の治療方法って?更年期の不調の治療法や費用、治療薬について

チェックシートの合計点が低く、特に重い症状を自覚していない場合は、更年期の不調をケアするサプリメントを試してみるのも1つの手です。

更年期サプリは副作用の心配もなく、長期常用できるものもあります。「更年期サプリを飲みはじめて、不定愁訴が緩和された」という方も少なくありません。

・安心して長期常用できる更年期サプリは?
>更年期サプリのおすすめは?実力派サプリを徹底比較・ランキング!

「若年性更年期障害」をチェックするには

若年性 更年期 チェック

いわゆる「更年期世代」は、閉経の平均年齢である50才前後(45~55才くらい)を指します。しかし最近は、20~30代で更年期のような症状をおぼえる「若年性更年期障害」の方も少なくありません。

<若年性更年期障害の特徴とは>

・20~30代で更年期障害のような症状があらわれる
・肌荒れや生理不順、頭痛や肩こり、のぼせやめまいなどの症状が出る

更年期の不調は「女性ホルモンの分泌の低下」により引き起こされますが、20~30代で女性ホルモンが減少することは、ほぼ無いと言われます。

「若年性更年期障害」は更年期の不調と症状が似ていますが、実際はストレスなどからくる「自律神経失調症」や、生理前の心身に不快な症状があらわれる「月経前症候群(PMS)」によるものと考えられています。

「若年性更年期障害かも?」と思ったアナタ。不快な諸症状は、生理前に集中してあらわれませんか?まずは「PMSチェックリスト」で症状を診断してみましょう。

・月経前症候群(PMS)チェックテストについて
>PMSかも?と思ったら‥3分で出来るPMSチェックリスト

・「PMSになりやすいタイプ」をチェック
>PMSになりやすいタイプって?【簡単】pms度診断チェック

更年期の「うつ病」を診断・チェック

更年期 うつ チェック

更年期にあらわれる不調は、めまいやのぼせ、ホットフラッシュなど「体にあらわれる症状」だけではありません。

更年期になると「ささいなことにイライラする」「悲観的になってクヨクヨ思い悩む」など、気持ちが不安定になることもあります。

ストレスや疲労がたまりがちになる更年期は、うつ病を多く発症する時期でもあります。それでは、軽症のうつ病を発見するチェックリスト「SRQ-D」(東邦大式抑うつ尺度)でテストしてみましょう。

 

<うつ病 自己診断チェックシート>

・以下のチェックシートの18項目の該当する欄に○を記入し「いいえ」0点、「時々」1点、「しばしば」2点、「つねに」3点として計算して下さい。

質問 いいえ ときどき しばしば つねに
1)体がだるく、疲れやすいですか 0 1 2 3
2)騒音が気になりますか 0 1 2 3
3)最近気が沈んだり気が重いことはありますか 0 1 2 3
4)音楽を聴いて楽しい気持ちになりますか 0 1 2 3
5)朝のうち、特に無気力ですか 0 1 2 3
6)議論に熱中できますか 0 1 2 3
7)首すじや肩がこって仕方ないですか 0 1 2 3
8)頭痛持ちですか 0 1 2 3
9)眠れないで、朝早く目覚めることがありますか 0 1 2 3
10)事故やケガをしやすいですか 0 1 2 3
11)食事がすすまず、味を感じないですか 0 1 2 3
12)テレビを見ていて、楽しいですか 0 1 2 3
13)息がつまって、胸苦しくなることはありますか 0 1 2 3
14)のどの奥に物がつかえている感じがしますか 0 1 2 3
15)自分の人生が、つまらなく感じますか 0 1 2 3
16)仕事の能率が上がらず何をするのも億劫ですか 0 1 2 3
17)以前にも、現在のような症状がありましたか 0 1 2 3
18)本来は仕事熱心で、几帳面ですか 0 1 2 3

※「いいえ」0点、「ときどき」1点、「しばしば」2点、「つねに」3点として計算しますが、2、4、6、8、10、12の質問に関しては、加点しないでチェックして下さい。

<軽症うつ病チェックの診断評価>

・10点以下
抑うつ傾向はありません

・11~15点
境界領域にあります

・16点以上
抑うつ傾向あり

このチェックリストは、現在のアナタの状態を客観的に把握するためのものです。もし抑うつ状態で医療機関を受診する場合、このチェックの結果を持参してもいいでしょう。

更年期障害による「体の不調」は、婦人科で行われる「ホルモン補充療法」や漢方薬による治療が功を奏することもありますが、「メンタル的な不調」が重い場合は、精神科の受診を。

精神科では、服薬による薬物治療やカウンセリングが行われ、必要に応じて血液検査などが実施されます。

<うつ病の治療方法>

・抗うつ剤(SSRI、SNRIなど)による薬物療法
・医師によるカウンセリング
・費用の目安:月3000円~が目安(自己負担3割)

自身の現状をチェック、体と心のSOSを受け止めて

更年期 チェック

「うつ病チェックリスト」を見てみると、「体がだるいですか」「肩や首がこりますか」「胸苦しくなることはありますか」など、体の症状に関する質問も見られますね。

体と心は、分かちがたく結びついています。気持ちの不調が体にあらわれることもあれば、体調の悪さからメンタル的に落ち込むこともあります。

更年期世代は、体も心もケアが必要です。
できるだけ疲れもストレスもためず、自分の「体」と「気持ち」の声に耳を傾けてあげましょう。
 

更年期サプリ
>本当に頼れるサプリ・医薬品が5分で分かる!

執筆者:さつき


2017/10/20 更年期障害をチェック!更年期の症状を診断する10の質問 はコメントを受け付けていません。 更年期とは