更年期の年齢の平均は?「更年期障害」を発症しやすいのは何歳から?

更年期 年齢

「更年期の平均年齢って、何歳から?」

何となく疲れていると、つい「もう更年期だから」などと言ってしまいますね。でも一体、何歳からが「更年期」なのか知っていますか?

また、気になる更年期障害の症状を抱えていると「この辛い不調は、何歳くらいまで続くんだろう」などと不安になりますね。

・更年期の平均年齢は、何歳から何歳まで?
・「更年期障害」を発症しやすい年齢は?
・20代、30代で更年期症状が出ることはある?

更年期にまつわる「年齢」が気になるアナタに。平均的な更年期の年齢や、不調があらわれやすくなる年齢などについて、まとめてみました。

更年期の「平均年齢」は?

更年期 年齢 平均

通常いわゆる「更年期」とは、生理を終える「閉経」の前後5年ずつ、合計10年間のことを指して言います。

日本人女性の閉経年齢の平均は「50歳から51歳」なので、更年期の平均年齢はその前後10年間である「45歳から55歳」ということになります。

しかし閉経する年齢や「加齢のスピード」は人それぞれ。更年期の期間には、大きな個人差があるため、「平均年齢」はあくまでも目安でしかありません。

日本の女性が閉経を迎える平均年齢は50~51歳。その前後の10年間、45歳から55歳くらいまでを「更年期」といいます。とはいえ、これはあくまでもおおよその目安。

更年期がいつスタートするのか、閉経がいつ来るのか、また、生理に変化があってから閉経まで、どれくらの期間があるのかにも個人差があります。

更年期には、生理の変化とともに、のぼせ、めまい、憂うつ間など、体と心にさまざまな症状があらわれます。気になる症状があるときは、症状に応じた治療法があるので、婦人科や内科を受診しましょう。

引用:「プレ更年期からの不調を治す本」オレンジページムック p.4

更年期は体内で「女性ホルモン状況」が大変動する時期。
ホットフラッシュやめまい、イライラや抑うつ感など、さまざまな不調が訪れやすくなります。

更年期の不定愁訴を少なからず抱えていても「もう年だから」「みんな経験していることだから」とガマンしていませんか?気になる不調があるなら、そのまま放置せず、早めに婦人科や内科などを訪れましょう。

・気になる症状を婦人科で検査するなら
>更年期の検査について│検査方法や費用、婦人科の受診の流れは?

・更年期の不調を病院で治療するなら
>更年期の治療方法って?不調の治療法や費用、治療薬について

更年期障害の「発症年齢」は何歳から?

更年期 障害 年齢

更年期にあらわれる軽度の症状は「更年期症状」と呼ばれますが、日常生活に支障がでるほど重い症状が出る場合は「更年期障害」と呼ばれます。

閉経が近づくと女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が急に低下し、自律神経バランスが乱れます。それにともない、様々な更年期障害の不調が引き起こされます。

<更年期障害は何歳から?>

女性ホルモンが分泌されにくくなる年齢は「45歳以降」だと言われます。
更年期障害の症状も、40代半ばからあらわれることが多いのですが、症状が何歳からあらわれるかは大きな個人差があります。

40代後半から50代前半にかけて、重い症状をいくつも抱える方もいれば、比較的スムーズにこの期間を過ごせる方もいます。

この時期を快適にすごすためには、適度な運動やバランスのとれた食生活を心がけ、必要とあれば病院での治療を。

病院では、不足する女性ホルモンを飲み薬や貼り薬などで補う「ホルモン補充療法」や、漢方薬による治療が行われます。まずは下記の「チェックリスト」で自分の現状を把握しましょう。

・この不調は更年期のせい?チェックリストで診断!
>更年期障害をチェック!気になる症状を診断する10の質問

更年期障害は、何歳まで続く?

更年期 障害 何歳

それでは更年期の不調は、何歳くらいまで続くのでしょうか。生理が来なくなる「閉経」と同時に辛い症状も和らげばいいのですが、多くの場合、閉経後もしばらくは不調が続きます。

閉経すると女性ホルモン「エストロゲン」が出ない状態になりますが、私たちの身体はすぐに「女性ホルモンが分泌されない状態」に慣れることができないのです。

<更年期の不調は何歳まで?>

・身体が「女性ホルモン不在」状態に慣れるまで続くと言われます
・一般的に、閉経後3~5年くらいで不調は一段落します

閉経してもすぐに不調が消えないと不安になりますが、通常閉経して3年から5年ほどで症状は緩和されるはずです。

不調が長く続く場合や、閉経後に不正出血がみられる場合は、何か他の病気が背後に隠れている可能性もあります。早めに医療機関を訪れ、不調の原因を探りましょう。

・更年期障害は何歳まで続くの?
>更年期はいつからいつまで?不調が続く期間と、更年期の終わり方

20代、30代で更年期の症状が出ることもある?

更年期 30代

いわゆる「更年期」の平均年齢は「45歳~55歳」とされていますが、それよりも早い時期に更年期のような症状がでるケースもあります。

40代以降に迎える「更年期の不調」の原因は、女性ホルモン「エストロゲン」の低下にともない「自律神経バランス」が乱れること。

しかしこの自律神経のアンバランスは、女性ホルモンの低下以外の要因でも引き起こされるのです。

<自律神経のバランスを崩す主な原因とは>

・不規則な生活
・精神的なストレス
・睡眠不足、疲労 など

また倦怠感やむくみ、頭痛や肩こりなど「身体的症状」、イライラや不安感、うつ状態など「精神的な症状」が生理前に集中して起きるということはありませんか?

その場合、不調の原因は「女性ホルモンの低下」ではなく、生理前の心身に不快な諸症状がみられる「月経前症候群」(PMS)の可能性もあります。

・月経前症候群(PMS)の可能性をチェック!
>PMSかも?と思ったら‥3分で出来るPMSチェックリスト

健やかに年齢を重ねるために

更年期 障害 年齢

更年期の軽い不調は、セルフケアでグッと和らぐこともあります。でも心身ともに辛い症状があらわれているなら、早めに病院で治療を始めることも検討してみましょう。

<更年期の平均年齢は?>
・更年期=閉経の前後各5年、合計10年間のこと
→日本人女性の「閉経平均年齢」は50歳~51歳なので、更年期の「平均年齢」は45歳~55歳

<更年期障害は何歳から?>
・女性ホルモンが急激に低下する45歳くらいから、症状があらわれるケースが多い

<更年期の不調は何歳まで?>
・多くの場合、閉経後3~5年ほどで症状が緩和
→女性ホルモン不在の状況に身体が慣れるまで時間がかかるため

ちなみに男性にも更年期障害はあり「加齢男性性腺機能低下症候群」(LOH症候群)と呼ばれます。男性ホルモン「テストステロン」が低下することで、疲労感や不眠などの症状があらわれます。

一般的に、男性の更年期障害の発症年齢は、55歳から65歳くらいだとされます。女性の更年期平均年齢に10年プラスした年齢ですね。

年をとるにつれ、男性でも女性でも、不調を覚えやすくなります。
体にも気持ちにも疲れをためず、十分なケアを。加齢に抗わず、月日に寄り添って、健やかに年齢を重ねたいですね。

執筆者:さつき


2018/01/24 更年期の年齢の平均は?「更年期障害」を発症しやすいのは何歳から? はコメントを受け付けていません。 更年期とは