生理前のイライラは、病気のサイン?

生理前 イライラ 病気

生理前のイライラが止まらない‥!もしかして私、病気なのかな。

女子たるもの、誰でも生理前はイライラするもの。でも、毎月毎月、ここまでイライラするのって・・まさか、何かの病気だったりして?

その生理前のイライラは、もしかして「生理前症候群」(pms)のせいかもしれません。イライラしたり、気分が落ち込んだり、眠気やダルさなどの症状が出ます。

また普段の生活に支障がでるほどのイライラ感があるなら、pmsではなく、それよりも症状の重い「月経前不快気分障害」(pmdd)であるかもしれません。

あるいは、そのイライラ感は、体が発している何かのSOSで、意外な病気が隠れている可能性もあります。

・pmsって一体、何なの?
・pmsより症状の重いpmddって?
・生理前のイライラの原因となる病気とは?

生理前の自分のイライラっぷりが心配なアナタに。イライラの影にかくれている可能性のある病気についてまとめてみました。

生理前のこのイライラは、何かの病気のサイン?

生理前の女子は多かれ少なかれ、イライラするもの。でも、度を越して怒りっぽくなったり、感情がコントロールできなくなったりすると、話しは別です。何かの疾患のサインかもしれません。

生理前のイライラをひき起こしている可能性のある病気のひとつとして、まず考えられるのがpms(生理前症候群)です。

1.pms(生理前症候群)

pmsとは、生理前の女性に起きる、心身にあらわれる不調のこと。生理が始まる2週間くらい前から始まる人もいれば、生理直前だけに起きる人もいます。

pms(生理前症候群)とは

精神症状・・イライラ感や気分の落ち込みなど
身体症状・・乳房の痛み、頭痛、腰痛、吐き気や全身のダルさなど

起こる症状は個人差が大きく、いくつもの症状が同時に起きる人もいます。原因は、女性ホルモンのアンバランスなどで引き起こされると言われていますが、完全に解明されてはいません。

参照記事:pmsについての詳しい説明は コチラ

2.pmdd(月経前不快気分障害)

生理前のイライラや、気分の落ち込みがあまりにもひどい場合は、pmsよりも症状の重いpmddである可能性があります。

pmdd(月経前不快気分障害)とは

・pmsよりも状態が重く、普通の生活にトラブルが起きるほどの症状がでる
・身体症状より、メンタル的な症状が強くあらわれ、攻撃的になる
・「うつ病」の一種として分類される

・生理前に、度をこしてイライラしたり、怒りっぽくなったりする
・気分がひどく落ち込んで、自己卑下感が強くなる
・症状は生理前だけにあらわれ、生理が来るとすっかり解消する

カラダにあらわれる症状よりも、精神的な症状が強くあらわれるのがpmddの特徴です。病的なまでにイライラしたり、気分の落ち込みがひどいようなら、病院に行くことも検討してみては。

「もしかして、pmddかも?」と思ったなら、婦人科ではなく、精神科か心療内科へ。pmddの治療には、抗うつ剤「SSRI」(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が多く使われます。

pmddの特徴、治療法などについては「pmdd」の項に詳しくまとめていますので、そちらをご参考に。

2.pmdd以外の内科の病気

生理前 イライラ 病気

「生理前のイライラがあまりにひどくて、病院で診察を受けてみたところ、以外な病気がみつかった」・・そんな可能性もあります。

女性に多い貧血や低血糖症なども、イライラの原因となります。発症率は低いのですが、甲状腺(こうじょうせん)の病気が隠れている場合もあります。

生理前のイライラのほかに、気になるカラダの症状はありますか?特徴的な症状とあわせて見てみましょう。

鉄欠乏性貧血
→血液のなかの「ヘモグロビン」が少ない状態。

症状
・イライラする
・ウツっぽくなる
・顔色が悪い
・めまい、立ちくらみがする
・疲れやすい

治療法
足らない鉄分を補給するために、鉄剤を服用します。鉄剤を処方してもらう以外にも、鉄分を意識した食生活を心がけましょう。

参照記事:
pmsには鉄分を!鉄不足チェックリストと効果的なとり方まとめ

低血糖症
→血糖値が急激に下がったり、血糖値が低い状態(60mg/dl以下)が続くことで起きる

症状
・イライラする
・ウツっぽくなる
・体がダルい
・頭痛がする
・動悸がする

治療法
持病に糖尿病がなければ、健康的な食生活にシフトすることで改善できます。急に血糖値がさがってフラフラする時は、甘いもので糖分の補給を。

・甲状腺機能亢進(こうしん)症(バセドウ病)
→20代から40代の女性にみられる自己免疫疾患。甲状腺ホルモンが分泌されすぎることで起きる

症状:
・イライラする、落ち着かない
・月経不順が起きる
・食べていても、痩せる
・動悸がする、息がきれる
・眼球が突出してくる

治療法
甲状腺ホルモンの分泌をおさえる薬が処方されます。血液検査をしながら服用量を調節し、2、3年ほど治療をします。

原因がまだよくわかっていない病気ですが、発症率は低く「およそ10万人に80人」と言われています。

生理前のイライラ、何かの病気なの?・・まとめ

生理前のイライラの原因となる病気について見てみました・・気になる症状などはありましたでしょうか。

生理前のイライラに関連する病気

・pms(生理前症候群)
・pmdd(月経前不快気分障害)
・鉄欠乏性貧血
・低血糖症
・甲状腺機能亢進病

上記以外にも、肝臓にトラブルがあると、イライラしがちになります。イライラは体が発するSOS。病気と気持ちのトラブルは密接に関係があるのです。

生理前のイライラの他にもカラダの不調を感じているなら、一度病院を受診して、全身の状態を調べてみると安心です。

心配事はそのままにしておくと膨らんで大きくなるから、大きくなりすぎる前に、何かのアクションを。病院を受診するなり、生活習慣、食生活を改善するなり・・できることからはじめてみて!

執筆者:さつき

コメントを残す