pmsど真ん中!生理1週間前に気をつけたい3つのこと

pms 1週間前

pmsの真っ最中、生理1週間前の私は、いつもダークサイドに堕ちる・・。

生理前にさまざまな不調があらわれるpms(生理前症候群)。いちばん症状が強く出てツラいのが、生理が始まる1週間前だと言われています。ついイライラして暴言を吐いたり、ささいなミスを連発したり・・

この時期どうしたら、これ以上のトラブルを起こさないで済むの?

どうしてもイライラしがちな“生理が始まる1週間前”をトラブルなく過ごすためには。覚えておきたい「この時期のすごし方」をまとめてみました。

pmsど真ん中!魔の“生理1週間前”の過ごしかた

pms女子にとって、生理1週間前はいちばんツラい時期。

便秘に肌荒れ、腹痛に頭痛・・肌のコンディションも悪ければ、気持ちもすっかり不安定。攻撃的になってイライラしたり、気分がおちこんだり・・

生理1週間前は、できるだけ無理をしないことが鉄則。
自分のペースでゆっくり過ごして、もうすぐやってくる生理に備えましょう。

生理1週間前を、できるだけ体調もよく、トラブルなく過ごすには。この時期に、気をつけておきたい3つのことをご紹介します。

生理1週間前の過ごし方・・この時期に気をつけたい3つのこと

pms 1週間前

1.この時期に何か大きな決断をしない

生理1週間目はpmsの影響で、判断力・集中力が鈍くなっています。イライラしたり、忘れっぽくなったりするのもこの時期。

引っ越し先を決める、何か大きな契約をするなど、大きな決断をくだすのは、この時期をさけたほうがベター。あとになって後悔することも十分に考えられます。

同じ理由で、この時期は買い物に行くのもこの時期を避けたほうがいいかも。衝動買いやムダ買いをする可能性大!ストレス解消の気軽な買い物はOKですが、本気のショッピングは、生理が終わるまで先延ばしに。

2.食べ過ぎには十分に注意する

生理1週間前は、ついつい食べ過ぎてしまいがち。食べても食べてもお腹がすく・・そんな時期かもしれません。どうしても甘いものがガマンできなくなって、ガンガン食べてしまうことも。

過食気味になるこの時期ですが、食べ過ぎにはご注意を。生理1週間前は、ためこむ性質のある黄体ホルモンの影響で、カラダに脂肪がつきやすい状態になっています。

また、この時期はpmsのせいで、味覚が変わることもあります。評判のお店に予約をして行っても、「アレ?そんなに美味しくない?」という可能性もあるので、美味しいレストランに行くなら生理のあとに。

3.予定のつめこみすぎはNG!

生理1週間前は、カラダの抵抗力・免疫力も落ちています。あまりハードに予定をつめこみすぎるのは避ける方向で。pms期は、できればゆったりとしたスケジュールを組むようにしたいものです。

人と会うのもおっくうになるので、婚活中の女子も、この時期の合コンはお休みして。楽しいデートも、ついイライラをぶつけてしまってケンカしがちになるので、デートは生理が終わってからのほうが楽しめるかも。

pms期“生理1週間前”の過ごしかた・・まとめ

pmsの期間・生理の一週間前のすごし方を見てきました。

生理1週間前を問題なくクリアするには・・

1.集中力が落ちているので、この時期に重大な決断をしない
2.過食気味になるけれど、体に脂肪がつきやすい時期なので、食べ過ぎには十分に注意
3.抵抗力・免疫力も落ちているので、予定のつめこみすぎはNG!

それにしても、食べたものが脂肪になりやすいこの時期に、食べたくて食べたくて仕方なくなるって残酷・・。せめてジャンクな食べ物を避けて、ヘルシーな食事をゆっくりいただくようにしなくちゃ。

この時期のイライラや気持ちのトラブルに関しては
生理1週間前のイライラを解消!この時期に気をつけたい3つのことを参考にしてね。

pmsまっただ中、生理1週間前は、ひたすら守りの姿勢で行こう!
コレ、間違いありません。

執筆者:さつき

コメントを残す