pmsのサプリメント、dhcにはどんなものがあるの?

pms サプリメント dhc

pmsのサプリメントをdhcでお探しですか?

dhcのサプリメントは、ドラッグストアでもネットでも簡単に買えるのですが、「pms対策に」となると、どれを選んだらいいか迷いますね。

そこで、dhcのサプリメントのなかで、pms対策ができそうなものをまとめてみました・・サプリ選びのご参考にどうぞ!

pms対策に摂りたい成分とは

具体的なサプリメント選びの前に・・「pmsに効果が期待される成分」って、どんなものがあると思いますか?

pmsに効果が期待できる成分

チェストツリー
プラセンタ
ピクノジェノール
大豆イソフラボン
葉酸
y-リノレン酸
αリノレン酸
ビタミンB6

・・などがpmsの緩和が期待できる成分と言われています。

なかでも、チェストツリーは婦人系のトラブルに大きな効果があるとされ、pms専用の治療薬「プレフェミン」の主な有効成分としても使われています。

これらの成分を配合したdhcのサプリメントには、どんなものがあるでしょうか。

pmsのサプリメント(dhc)おすすめ成分のものはどれ?

ピクノジェノール

ピクノジェノールとは、「フランス海岸松」とよばれる樹の皮から抽出したエキスのこと。抗酸化力が高く、活性酸素をとりのぞく働きがあります。

美肌を保つなどの美容効果が注目されていますが、ピクノジェノールはpmsや子宮内膜症など、婦人系のお悩みにも有効。サプリメントも多く出回っています。

「ピクノジェノール-PB」30日分

pms サプリメント dhc

価格:2381円(税込価格:2571円)
用法:1日2粒

プラセンタ

プラセンタとは、「胎盤」のこと。一般的に、市販されているプラセンタは、羊や豚など哺乳類の胎盤から作られています。

アミノ酸やタンパク質、酵素類などの栄養をたっぷりと含むプラセンタは、更年期の症状やエイジングケアにも有効。その美容効果から、サプリメントなども広く市販されています。

dhcのプラセンタには、生タイプのものと通常のものと2種類あります。

「純粋 生プラセンタ」

pms サプリメント dhc

用法:1日5~20粒

トライアルタイプ 140粒入り(7~28日分)
価格:1500円(税込み価格:1620円)

600粒入りタイプ(30~120日分)
価格:8000円(税込み価格:8640円)

こちらの生プラセンタは、「生」というだけあって、加熱処理をしていません。そのため、熱を加えることで損なわれる栄養分もそのまま残っています。

 

「生」ではないプラセンタのサプリメントもあります。できるだけ有効成分を損なわないようにして配慮して成分を抽出。生タイプに比べて、かなり経済的なお値段です。

「dhc プラセンタ」

pms サプリメント dhc

価格:1191円(税込価格:1286円)
用法:1日3粒(30日分)

イソフラボン

女性ホルモン(エストロゲン)と似た構造をしているイソフラボンは、婦人系のお悩みの頼もしい味方。自律神経失調症や更年期障害など、女性特有の症状にも改善効果がみられます。

dhcのイソフラボンサプリは、大豆を抽出したエキスのほか、ブラックコホシュ、レッドクローバー、コラーゲンなども配合しています。

「大豆イソフラボン」30日分

pms サプリメント dhc

価格:810円(税込み価格:874円)
用法:1日2粒(30日分)

pmsのサプリメント(dhc)にはチェストツリーがなくて残念

pmsのサプリメント(dhc)をリストアップしてみましたが、気になるものはあったでしょうか。

・「ピクノジェノール-PB」30日分(2381円)
・「純粋 生プラセンタ」トライアルタイプ(1500円)
・「純粋 生プラセンタ」600粒タイプ(8000円)
・「dhc プラセンタ」30日分(1191円)
・「イソフラボン」30日分(810円)

このなかで管理人がオススメするとしたら、やはりピクノジェノール。原料がフランス海岸松で、それからだけしか抽出できないという、かなり貴重な成分です。子宮内膜症や更年期、生理痛の緩和に効果が期待できます。

dhcのサプリメントは取り扱う種類が多く、いろんな有効成分を広くカバーしていますが、pms対策に有効とされている「チェストツリー」がなくて残念・・

ガチでpms対策をしたいなら、ピクノジェノールも有効ですが、チェストツリー配合のpms用サプリメントもおすすめ。チェストツリーはpmsの医薬品に認定されている「プレフェミン」にも配合されている成分で、副作用もほとんど報告されていません。

pms用サプリメントは、チェストツリーやピクノジェノールなど、pmsを改善する成分がミックスされたものが主流。成分同士の相乗効果もあるので、成分を単体で摂るよりも期待大!種類もお値段もさまざまなので「pmsサプリの選び方まとめ」もご参考に。

 

 

執筆者:さつき

コメントを残す